2018年04月03日

元祖 ヒラメDSで (ポメ吉さんから)

本日、大磯でソゲが2匹釣れました。
釣り時間:09時〜10時30分

MJリグでやるも反応なし、でダウンショットでスローな釣りに変更してみました。
すると、すぐにアタリがあり、ソゲが波打ち際と20M位先と立て続けに2匹釣れました。
ひらめ3.jpg


ヒット時間は9時25分と30分頃でした。小さいので直ぐにリリースしました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ポメ吉さん、釣果報告ありがとうございます!! ひょっとしてポメラニアンを??(笑)
さて、型の大小はともあれ、数を重ねていくうちに、な〜〜んとなく解ってきます。
マズメ外れ時間のヒットは、良いと思いますよっ

私としては、一番最初のチューブシンカーを持って頂いていることが非常に嬉しかったです、ありがとうございます。かれこれ10年以上前ですねっ

次回の釣行から順にサイズアップして行ければイイですね〜〜
posted by hiramemj at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年04月01日

全治一ヶ月でしたね

 あの捻挫から、ほぼ一ヶ月経過してようやく平地を歩くのには問題ないのですが、ここの岸辺まで歩く
DSC_2318.jpg


 こんな場所を歩くと〜 足首がヒネられる度にチクッと痛みまして、95%の完治というところでしょうか。
DSC_2273.jpg


怪我してから3〜4日目が一番キツかったですね〜 痛みの有る方をかばいながら寝ても寝付けず、不眠状態に。。

 一昨年に右足を同様な全治一ヶ月の捻挫をし、かれこれ30年前にフリースタイル・スキー、モーグルの大会に出場して、第二エアーを飛んで降りたところで、ごりっと今回同様の左足首を強捻挫して入院。。 
これが未だに梅雨になるチクチクと。。

 その他の怪我はないものの、どうにも足首に集中してしまって、梅雨時期、年齢を重ねるのが怖い・・・(笑)

 汚い写真の〆として、
桜も散り始めましたね〜 あっという間でした。。
DSC_2348.jpg



2018年03月30日

3/30 7:05am 海状況 うさぎ間際

 釣りには遅い中途半端な6時半頃に目が覚めたので、ワンコ連れで海画像撮影に。
家を出るときには(おう! 風有るけど背中からの風。。悪くないんじゃないの??)と、思いました。
が、海に着くと〜 左手方向からの強風、、 今にもウサギが跳ねそうな

0330-2.jpg

0330-1.jpg


 アングラーさんは退散してゆく人も含め5人ほど。朝釣行にどれくらいの人が釣ってるのか? この様子が見たく行ってみました。

 たった400mで背中からの風だと思ったのが、浜に着いてラインが大きく湾曲する程の横風となれば、ま、行ってみるしか無いということでしょうね〜

 けれど、せっかくの休日にこうだったとしても、遠征されてきた来たかたはそうも簡単に諦めきれないでしょ? 
 や〜っぱ、釣れるかどうか解らなくとやって帰りたいはず。
 私だってその昔、富山湾釣行を毎週していた頃は、往復4時間! 多少の悪天候だって諦めきれない気持ちは分かりますっわーい(嬉しい顔)

 ラインが風で湾曲すればルアーなりリグは浮き上がってきますから、こんな時こそ、より沈み込みの良いモノがイイい訳でして〜〜 と、MJリグの宣伝!(笑)

 もしも行ってみて強風で、やってみて (どうにも底まで沈んでいるのやら浮いているのやら、何処を探っているのか解らない・・・ でも、せっかく来たのだから、やるだけやって帰りたい・・・)という場合にはDS仕様をオススメしますよっ

 週末の釣行予定の皆様に幸運あれ!! 強風でも釣れなくは無いですよっ やりずらいですが。

 ps、私のリグでの初めての釣り雑誌取材が「磯投げ情報」で(2004年だったかなっ?)、釣行取材日が3月後半の今頃で、砂嵐舞って、目も開けていられない超強風の最悪の取材日。
 しかしながら、同行してくれたルアー初心者の川崎kさんが、DS仕様でマゴチ65cmをゲッツ!

 
4:38pm現在、風は止んだみたいです〜
 6:45pm ま〜た風が・・・ ふらふら


posted by hiramemj at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年03月27日

3/27 昼の海状況

 いよいよ春!! という雰囲気になってきましたね〜
 東京よりも暖かいはずの小田原の桜は、東京より遅れて7分咲き?という感じでしょうか? でも綺麗ですよ〜
333.jpg


 風の吹かない間にと、10時半頃から正午まで行ってきました〜 海。
一ヶ月前の寒くてウネリの有る海からすれば(これで釣れなきゃ〜 ウソでしょ・・・)というくらい、いい感じです。
 波は小さいく、水質がやや綺麗すぎる?? 清流みたいに完全透明。

DSC_2320.jpg


 酒匂川右岸に行ってみたのですが、いつの間にやら大きく変わっていたことが。。
河口の位置が、どうでしょうこの地域で釣り始めて17年のうち一回有ったかなっ?と言うくらい、大きく西へ移動。

 数ヶ月この場に来ていないとするならば、200m程河口の位置が西へズレていると思ってください。
なもので、いつものイメージで右岸に行ったのですが、河口が近く、水底状況もゴロタ水底の面積が広がっています。。

 ここの浜は湘南+西湘の中でも非常に浜状態や河口位置の変化が大きく、どうにも魚影というかポイントが安定しない傾向なのですねっ

 だからという訳ではないのですが、最終手段の(これで食わなきゃ〜 しょうがないでしょ・・・ )の、リアル・ワーム「スプーンテール・シャッド」までも投入しましたが、草フグすらカジらないノーバイト、、、完全アウトぉ〜〜 
999.jpg


 確かにベイトッけは見当たらないのですが、この状況下でこのワームを使用して反応がないと、もう手の打ちよう無し、お留守なのだ、居たとするならその近くを通せなかった、、と、諦めるしか無いですねっ

ま、天候が寒かったり、急に暖かくなったりと激変するように、海の安定にももう少しだけ時間が必要なのかも? 今週末辺りはイイんじゃないでしょうか?? 流石に、、

 これだけポカポカ陽気ですと、冬眠中だった釣り人も、ぼちぼちムズムズとしてくるのではないでしょうか??わーい(嬉しい顔)とりあえず、行きましょう! 行きましょう! 海に。

ダメだったら、満開の桜を楽しんで春を感じ、季節を楽しみましょう〜〜(笑)

posted by hiramemj at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年03月22日

3/22 ヒラメと水温の関係(その1)今日の夕方の海状況、追加

 水温が低いから、ヒラメが釣れない、、  ??? と言う話です。

「ヒラメの釣れる適水温として、20度前後がベスト」と、多くの方がそう思っているのではないかと思います。というのも、釣り雑誌等でもそのようなメソッドが何度も語られてきたからです。

 ですが私は、随分前から考え方の順番に首をかしげてるのですねっ
 例えば現在の西湘の水温は14度前後で、適水温からかなり低いから釣れないのか?というと、そうでもないでしょ?

 水温が低いからヒラメが釣れないとするならば、茨城・大洗方面のヒラメ釣り爆釣(船釣り)の、3月今時期(水温10〜12° しかも表層よりも水底の方が低いはず。。) が、ハイ・シーズンだという事を、どう解釈 ??

 この地域よりさらに水温低いのに、ハイ・シーズン!!
 ねっ? ヒラメが、低水温が苦手じゃ無いのは明らか。

 ヒラメが低水温に苦手なのではなく、ヒラメが捕食するカタクチ等が低水温が苦手、あるいは低水温時期にはカタクチ等が食べる餌が岸には無いから岸に寄らない → カタクチ等のベイトが岸に寄らないからヒラマゴも寄らないのだ という順番だとすれば、理屈は合ってきますでしょ?
 深場の船釣りで、今がハイ・シーズンということも。

ヒラメに20度前後の水温が適水温ではなくて、カタクチなどヒラマゴの捕食ベイトが高活性となるのが20度前後が適水温。そのカタクチ等の高活性に連動して、ヒラメも高活性となる。

 よってヒラメの低活性 = 低水温、あるいは、ヒラメが釣れないのは、水温が低いから・・・
 じゃなくて、水温によって捕食ベイトの活性、動きがどうなのか?というのが先に来ると思う訳ですねっ

(その2)「水温じゃなくて、水温変化」について を、また書きますねっ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  夕方の海状況 追加 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 テレビで映しだされた江ノ島海岸の波が穏やかだったのと、明日は都合で海画像をアップできないので、海、行ってきました。

 が、今日のところのここの浜はアウト! 釣り人もゼロ。頭上を越える高い波と、15m以上押してくる長い波足に加え、きつい泥色濁り。。

DSC_2280.jpg


 明日から快晴で、気温も急上昇、土日は行楽日和との予報。釣りにも良い週末になるとイイですね〜〜


posted by hiramemj at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!