2019年08月21日

MJリグ、マゴチ記事の「磯・投げ情報」発売です。& オオモン釣果報告

 下記のkongoさんの釣果報告とは別に、昨日の夕方と、本日(8/22)も追加のオオモンハタの釣果報告が届いておりますので、合わせてアップいたします。

===============
 釣り雑誌「磯・投げ情報」に寄稿依頼を受けまして、本日?発売と言いますか、本誌が送られてきましたので、多分本屋さんにはもう並んでいるかと。。
DSC_0603.jpg

 この釣り雑誌「磯・投げ情報」には、約15年前に取材釣行をお受けしたことが有りますが、その時にはまったくのルアー初心者であっても、絶対にヒラメ、マゴチのレンジ(タナ)を外さない、根掛りに強く、針先傷めない手法として「ヒラメDS」(ダウン・ショット)でのトライ。
 
DSC_0604.jpg


 今回の記事のテーマは、この時期の「照りゴチ」
ですが、15年前の時には3月後半、春先の季節の変わり目の取材。
 その日に、釣行に同行してくれたユーザーさん(ルアー歴?「ヒラメDS」歴半年)の方に、65cmのマゴチがヒット〜 それが大きな紙面に。川崎Kさん、覚えてますか?わーい(嬉しい顔)

 釣行取材日は、砂嵐舞って目も開けていられない超!暴風!の日だったんですよっ。
 てことは、釣的には強風はやりずらくとも、海の中の魚には底荒れさえしていなければ、何度も書いてはいますが、平気の屁だということ。

 これはヒラメにも、底物全般に言える事。
なもので風が有る時に「飛距離が出せる事」は、メリットが有るんですね〜〜

 特に海の近くに住み、穏やかな海の時だけ都合よく行ける人は良いのですが、そうゆう環境に無く、少ない休日には風が有ろうが多少条件が悪かろうが「もう、やるしかないのだ!」 と、言う人には、「悪条件下に強い! 横風に強い!!」事にこだわって仕上げているMJリグは、よりメリットが有るはずなのですよっ

 記事の内容的は、このブログを読まれている方にはそう目新しいことは書いていなく、ド基本的な事ですが、宜しければ読んでみて下さいませ〜 3ページほどです。

〜〜〜〜〜 釣果報告 (静岡 kongoさんから )〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
静岡サーフ、青物は台風前までは好調でしたが、台風後、海が落ち着かず濁りも入って渋いです。
もともと、底物も釣れていなかったのですが、朝早く行ってもボウズの日々です。

と、いうことで、三保サーフということになるのですが、平日でも朝混んでいるとの話もあり、もう一つのメジャーフィールド石〇浜に行ってきました。

早朝1時間少し。今朝が2回目なので、偉そうなことは語れませんが、ドン深サーフです。メタルジグフルキャスト90〜110巻辺りで、自分の早めのカウントで40カウント以上あります。

いつものサーフでは10〜15カウントなので3倍以上の深さです。ボトムは、ゴロタで根掛り続発らしいです。周りを見ていても、竿でつんつんしてルアーを外しているを人よく見かけました。

で、ハタがいるんです。根掛しまくりのサーフにハタ、ついでに手前のブレークも曲者で…
MJが100巻位飛べば勝負になりそうなので、今日は7号ナツメを用意。
ピンテールにアシストの伊勢針付けて投げ込むと、なんと2投目でコン!!と明確な当たり!
合わせを入れて、手前のブレークに掛けないように一気に寄せると、可愛すぎるハタが出てきました。
DSC01857.JPG

パワーシャッド4inでも探りましたが、当たりはあるのですが乗らず…、カジリ痕もあったのでフグだったのかもしれません。

石〇浜は太平洋から見ると御前崎に守られで波が穏やかなんですね。
仕事に行く途中、久能サーフを通りましたが、波っ気がありましたので場所によってこうも違うんだということを学びました。

渋い中で狙って捕った一尾(小物ですが)、新たな方向性が見えてうれしい釣果でした。

MJ+ナツメ7号+シングル&アシスト(伊勢尼11号・フロロハリス12lb)フル
キャスト約100巻から巻いて3回目の着底でヒット

DSC01856.JPG

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 長〜いワームでも食ってきますね〜〜 
工夫して、アシスト付けて、相手が特定できたのは良いじゃないですか〜 嬉しい一尾、価値ある一尾ですよっ サイズなんかは〜二の次。その場所でオオモンハタが釣れることが確認できただけでも大きな収穫。

 カウント40秒・・・って。。 私の経験値の中では沼津・片浜海岸、富山県・魚津界隈。。 深すぎるぅ〜(笑) せめて西伊豆のハタ狙いのマックス15秒カウント位までしか、私は我慢できない!!(笑)
 でも、他人がやらないことをやってみる! これがまた楽しいのですよっ チャレンジ!、冒険!!

 しかし、どこもここも厳しいようで、、、実りの秋に期待しましょ!! 釣果報告ありがとうございました〜! m(_ _)m by 柏木
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


posted by hiramemj at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2019年08月14日

キジハタ 36cm(地元 ゆたさんから)

昨日、頂いていたキジハタ釣果です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
昨日から富山入りです。
夜中も異常な気温(32度)で、渋いながらも36センチのキジハタが釣れました。
2019081301.jpeg

その前に50センチほどのシーバスをバラしましたが、浅場をMJリグでひたすら遠投し、獲ることができました。巻きではシーバスしか反応がなく、ボトムタッチで辛うじてアタリが得られる厳しい状況でした。

36センチを掛けましたが、ラフサーフはがっちりブチ曲がるものの、でもまだまだ余裕があるという、相反するような感覚があります。暑いので、時間帯を絞って、引き続きサイズアップを狙っていきます。
2019081302.jpeg


【データ】
・ロッド:ラフサーフ88
・シンカー:タングステン+丸金 24g
・ワーム:パワーシャッド4インチ<リアルベイト・フィッシュ(カタクチ・カラー)>
・フック仕様:シングルフックのみ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 おかっぱりからでは、GOODサイズ!! フッキング写真も良いですね〜
ゆたさんの詳細な釣行記は、こちらをクリック
台風云々と騒がれている最中、おめでとうございます!!

 暗がり、ウネリ、強風時の、SMJの先端の穴への繋ぎの推奨の実践、ありがとうございます。
 多少回転確率が高くなりますが、それと引き換えにリグの左右の揺れのローリング巾が大きくなり、絡みなど全くのトラブル・レスとなります。

以降台風接近秒読み・・・ 重々お気を付けながら楽しんでくださいませ〜 
釣果報告、ありがとうございました。by 柏木

ps、先日、頂いてた釣果報告も足しておきます。「小さい・・・」 とのことですが、サイズは時の運!!その日は、このサイズがポコポコと釣れたようです。
IMG_0433.jpg



posted by hiramemj at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2019年08月13日

8/13 台風前の昼海(1:15pm)キジハタ36cm釣果報告も

 1週間のご無沙汰でした。。

 すでにニュースでご存知のように、釣りが出来る様な状態では無いのですが、荒れ方具合によっては、収束期間も変わってくるので、実確認の為に海へ。
DSC_0599.jpg


 まだ上陸していない状態ですから、今年最強な台風がどこまで影響を与えるのか想像もつかないのですが、ま、残念ですが、素直に「外洋に面したサーフでの海釣り」は、諦めましょう。
 昨日もニュースで、磯で釣り師が波にもまれて行方不明とのこと。
DSC_0596.jpg


 だけれども〜〜〜 それでも釣りがしたい!! となれば「管理釣り場!!」

 釣りと言う趣味は、家族には中々理解してもらえない、喜ばれない趣味(車とか臭くしてると(笑))ですが、こうゆうときに管理釣り場に行って、釣って、焼いてあげて、バーベキューして家族サービスしながら、家族を釣りの世界に巻き込むチャンス〜!!

 海釣りにおいて20g以上の重たいルアーやリグ、仕掛けばっか使っていると、本来のタックルの強さとか、感度とか見失ってくる。。 重たいとごまかしが効きますからね〜〜 (笑)

 タバコよりも細いロッドで、1号以下の細ラインで5g以下の疑似餌で、片投げが通用しない、本来のロッドの反発を利用した、楽に遠くにの、ど基本キャスト方法を練習&マスターするのにも、管理釣り場は良いのですね〜〜

 その超短 & 超細のライトタックルであっても60cm以上の大物も、相手の体力を奪いながらやり取りすれば釣り上がるんだという事を確認できれば、海での自分のタックル構成も変わってくると思うのですよっ

 釣って取る楽しさと言うより、釣り上げるまでのやり取りを楽しむ、釣り & タックル を再認識できるんじゃないのかなぁ〜 ??

 私も良く行きましたよっ 
 関東なら埼玉に有る「朝霞ガーデン」などは、親戚も有って結構行きました。

 仕掛けに、と有る工夫をした時から爆釣(ワンキャスト、ワンヒットで軽く日に100尾以上)。その後、余りに簡単に釣れ過ぎて飽きてしまいましたが(笑)
 今回のように台風だからと言う訳ではなく、渓流釣りをやっていた時の禁漁期間に。もう20数年前です。

 ま、釣りが出来るまでの収束期間を考えると、お盆休み中は大きな港の港内の安全なところか、管理釣り場しか無いんじゃないでしょうかね〜 ?

 とりあえず、無理せず安全に、釣りを楽しみましょう〜〜〜!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 このブログアップと同時に、ユーザーさんから「キジハタ 36cm 釣れました〜」との、嬉しいMJ釣果報告。明日アップしますね〜 富山湾からです。


posted by hiramemj at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2019年08月07日

8/7 デイ出撃

 正直なところ、こうも暑いと腰が重くなるのですが、台風2つが向かってきているならば、行くなら今日しかないか・・ と。
 まだそれ程の大波と言う訳では無いですが、釣りにはというか底物には厳しい状態。
DSC_0559.jpg

DSC_0560.jpg


 せめて波間に透けて小魚でも見えればやる気も出るのですが、魚も生まれ備わった危険回避能力が有って、( これから荒れそう・・・ )と、すでに岸から離れてるのかなっ?

 ココっ! と、アタリを感じましたが( フグでしょ・・・ ) 当たり。
1234.jpg


 確かに暑いには暑いのですが、熱せられたアスファルトの街中に居るよりは、う〜んと涼しかったですよっ 程良い風も吹いていて。
 そんなことで、テトラ上で景色を眺めながら電子タバコで一服して、お昼前に一時間弱で退散でした。
DSC_0562.jpg

 禁煙ではなく、禁タバコして4か月目。
イイですよ〜 ライターも灰皿も要らず、風が吹こうが、雨が降ってこようが何のその。の、電子タバコ。。。 推奨していきますよ〜 海でのタバコの吸い殻ポイ捨てを減らすためにも。

 お盆休みに・・・ 反れてくれ。。。 台風、、、
posted by hiramemj at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2019年08月02日

8/2 夕方の海状況

 やっとで一昨日釣り雑誌の投稿完了でホッ

 今日はデイゲームでも思ってましたが、窓からは樹木が大きく揺れて( 夕方なら止むか? 風、、、)と、5時過ぎに海に到着。

 あえてテトラ帯へ。今回は好んで行くというより、この暑い時期には岸際は波が引き寄せするたびに熱せられた砂が洗われ、水温が高い。
 なものでマゴチは良いが、ヒラメとなると水温の低めな水深のある場所! ということで。

が、、、海は・・・ 思いの外、波&ウネリ高くというか強く、際から100m程が結構な濁り方。リグが30cm沈むと見えなくなる状態。。
0802-3.jpg


 横風もキツメで、キャストした後はロッド先は、つま先より下にしないとラインが煽られて釣りにならず。。
 まだ数投という時に、ドッカ〜〜ンと波しぶきをかぶり、すでに心が折れそう。。 (笑)
0802-2.jpg


 こうも波が高めなのは、今日は大潮だったんですね〜 明日からは中潮になりますから、今日よりは穏やかかと。
 良い情報としては、今年初めて水面を割って終われ、キラキラ光るシラスの群れと、それを空から狙うカモメさんを見ることが出来ましたので、状況としては良くなってきていると思いますねっ

 そんでもって波打ち際に溜まる、絡んでくるゴミ絡みを取り取り一時間ほどやってみましたが、ノーバイト。ま、釣り自体をやらせてもらえない状況で退散でした。

 そう言えば現在遠征釣行中のユーザーさんから「小さいですが、キジハタ釣れましたよ」とメール報告が来ましたので、近々釣果報告が来るでしょう。

良い週末になればいいですね〜 

posted by hiramemj at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2019年07月27日

7/27 無意味ですが、昼海状況

 台風がこれから接近してくるというのに、海画像をアップしたところで、無意味なのですが。。
 
 ワンコの散歩がてらに写してきましたのでアップです。
解説は・・・ これから悪化で入れようが無し(笑)
0727-2.jpg

07427-1.jpg


 ま、こんな状況でして、底物には、、、 って感じです、残念ですが。。 私個人的には依頼された釣り雑誌の投稿期限が迫っていまして、書きながらも未だ悶々と、してます。
 
 今回のテーマはマゴチ限定。

 で、マゴチとヒラメ釣るのはどっちが難しいでしょうか??
私の個人的勝手意見ですと、似たような物とは言えマゴチの方が経験の差、工夫の差が出やすいと思うのですよね〜 

 ヒラメよりも低いレンジでの釣果も多く、そうなるとリグに工夫が必要になってくる。特に湘南地域のような完全砂地では無く、この西湘や静岡中部のような水底がゴロタ底の場合などは特に。

 食ってからの暴れ方も、ヒラメや通常の魚のギュイ〜〜ンという引きでは無く、異色なゴン!ゴゴン!という独特な首振りの強引な引き味。
 よってリグやルアー選択によっては、バラシ確率もヒラメよりも高い確率なのでは無いのでしょうか??

その引き方に合わせ、バレの少ない針、針セッティング、掛かってからのやり取りの工夫も居る。根掛りにくくありながら、バラシも減らす!! 

 だからマゴチも楽しい!! 

 刺身では、ヒラメもマゴチも双方とも、個々のおいしさGOOD!!
ですが、焼いても、鍋でもうまいか?? となると〜 マゴチに軍配有りぃ〜!!(笑)

 成長スピードもヒラメに比べれば1.5倍ほど遅く、大きなサイズが釣れればそれなりの評価が得られて良いのですが、どぉ〜にもその見た目??からか(笑)悲しいかなヒラメより低評価気味なのが残念!わーい(嬉しい顔)

posted by hiramemj at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2019年07月23日

7/23 夕方5:20pm 海状況

 明日から夏日かも?? 予報で( 暑いかぁ・・ その前に行っておくか、、 )ということで、夕方出かけてみました。

がぁ〜〜 こんな海状況。。 台風も去り、てっきり凪状況だろうと思ったのですが。。
0723-2.jpg

 泡泡状態で、濁りもキツ目で、キャストしても毎回、海藻ゴミ絡み。。
 に、加え雨がポツポツ降ってきまして、あっけなく退散、、 トホホ

posted by hiramemj at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2019年07月17日

7/17 マゴチ53cm(私)

 昨日、某釣り雑誌から、記事の投稿依頼が有りまして、それがマゴチ釣りについての内容希望との事。。( まずいなぁ・・・ 今年まともに釣行できてないし、ろくな釣果写真も無い、、、 )

 てなことで夕方6時前から行ってきました、何とか釣果画像が欲しい。。。と。

 でもって、ホッ。 そうも大きく無いのですが、この地域の不調状況からすれば、ま、イイでしょう!と、自己満足。都合がありましてとりあえずのアップです、ヒット状況など追記致します。
DSC_0475.jpg

DSC_0477.jpg

 目玉を小細工してますが(笑)、SMJ(10+1set)にセット・サンプルとして同梱しているワームと同じの「房総 プラチナ・キスカラー」ですから、お求め頂いた方も安心してご使用下さいまし。


======  追 記 ======

昨日夕方6時過ぎに海に到着。
波は、際から5m位押して来る程度。水質は少しささ濁り程度の微風。
周りにルアーアングラーは、ゼロ。遠くにキス釣り?置き竿の方が一人のみ。。散歩人の方が多い
DSC_0464.jpg

釣れてる状況なら、やっと晴れたこの時間にアングラーが居ないはずは無いのだけど、や〜な予感(笑)

キャストし始めると、厄介な事が。。。 丁度掛け上がりの上がった部分に海藻の浮遊ゴミが溜まっていて、キャスト毎にリグに絡んでくる、、 しかしその先では問題無く、ゴミを取り取りキャスト続行。

80m程、左へ移動しながらランガン。ノーバイトで元の位置に戻り、今度は右手へ移動しながらキャスト。
もう辺りは暗くなり、どこまで飛んでいるか見分けが付かない暗さ。
 やっぱランガン移動は必要なもので、移動してゆくと〜 ゴミ絡みが無くなりました。そうこうしているうちにココッ!と竿に振動が。。 合わせてみるも(ン? シンカーが水底の石に、こすっただけ?? )

 そこから10m程移動、際から40mほど先でゴ、ゴ、ゴッ! と、アタリ! 
ゴンゴンと首振る引き味にマゴチ確定〜
 わずかな時間ですが、すでに波&押しが大きくなってまして、際で数度のもみ合い。。。
 で、ゲッツ!!

釣れたのは嬉しいのですが、本来目的は綺麗な釣果写真を写す事。
コレじゃあ〜なぁ〜、、、 再トライかなぁ〜  難しい・・暗がり撮影は。
DSC_0467.jpg

DSC_0481.jpg


 ヒット時間:19:29pm ヒット位置:際から約40m、掛け上がりの20m程先
 リ グ  :SMJ+ シングル(M) + 6号ナツメ(22g)
 ワーム :パワーシャッド 4インチ 「房総 プラチナキス」 
 
posted by hiramemj at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2019年07月16日

7/16 ゴムを捨てないで下さい。

せっかくの連休も雨、雨、雨、、、

そして週中も連続雨予報なのですが、週末には「梅雨明けか??」予報となっています。
さて、この連日の悪天候の時には〜 釣れた時を思い描きながら釣り具でもいじりって〜 密かに楽しむ。。(笑)

ということでタイトルに有りますように「ゴムを捨てないで!」と、パツと見、意味深なタイトルにしてみましたが、それを見て初めてこのブログに辿り着いた方も居るかも ??(笑)

で、NEW!となった「トライアルセット」「SMJ10+1」「MINIセット」に付けましたセッティング・サンプルですが、穴空きや危険防止の為にハメてますゴム!!
100.jpg


 確かにその為でもあるのですが、捨てないで利用して欲しいのですね〜 元はと言えば、以前に下記のように使用する為に購入しておいたゴム管なのですが、但し!ちょいと素材の良い医療用シリコンゴムで、よ〜く伸びてくれるのですねっ 言わずもがな、釣具店で売っているゴム管より高級品です。言うほどの長さでも無いですが。。。(笑)

でもって、利用方法
<その1>「針抜け防止策して」↓ 前部トリプルの場合
200.jpg

300.jpg


<その2> ( アタリが有るが、乗らない、、、 ) の、ショート・バイト時のアシスト・フックをプラスする場合
400.jpg

Wフックをサクッと足す場合に使用したほうが、針がブラブラせずに有効かと。
 Wフックは、針先上向き(根掛防止)にするのも、下向き(針掛かり優先)にするのも簡単ですし、安いですし。

 そして、「トライアルセット」「SMJ10+1」に同梱されているFスナップですが、実は以前の物よりワンサイズ大きなものを入れています。その意図は辛口レビューに有った「ふわっと針が外れ・・・」の対応策で、「絶対にフワッとは、外れない方法提案!」 私は、針がフワッと外れたということは、無いのですがね〜(苦笑)
Fフック+トリプル.jpg


ま、そんなことでSMJは、オープン・アイ構造で針交換がペンチ要らずで簡単!が売りでもありますが、工夫次第で外れない方法出来ますよ〜 という提案です。

このまだ続きそうな雨の日々を、仕掛けイジリで楽しんでくださいませ〜〜

 
posted by hiramemj at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2019年07月12日

7/12 4:55pmの海状況

 正直、今日のところは底物にとっては、ん゛〜〜〜ン な、海状況です、、 ふらふら
DSC_0448.jpg

DSC_0447.jpg


 海に到着する前から、底荒れした時に漂ってくる海藻臭が・・・ 見ての通り岸際50m程が泡泡状態と濁りがキツメで、ウネリもやや有り。上物、濁りのイシモチ位なら釣りになるでしょか。。

 せっかくの連休ですから、なんとか楽しい釣りをして頂きたいのですが。。 ま、まだ数日有りますから収束の可能性は有りで、明日からは晴れ予報でもあります。祈るばかりです。

 さて、新しくMINIセットに相当するお手軽セットを、本日アマゾン納品しまして、入庫完了。右の取り扱い画像に加わりました。上から3つ目。

 6号シンカー(22g)でサンプル・セット(SMJを加えたリグの重さ24g ※ワーム重量除く)しておりまして、4000番リールで85回転程度の巻取り飛距離が出てくれると思います。

 人間の目測飛距離表現は、かな〜りいい加減なもので、ウネリや波状況、立ち位置の高さによって、飛んでいないのに飛んでるようにも見え、またその逆も有るのです。
 なもので、あえて飛距離を、より正確な「着底からのラインを張っての、リールの巻取り回数」でお伝えし、商品説明にもそのように記載しております。

 同重量、同一ワームで、他の市販ジグヘッドと投げ比べてみて下さいませ。特に横風が有るとワームリグは回転しやすいので、あえてあえて悪条件下で投げ比べてみて下さいませ〜〜
 多分・・・一体型市販ジグヘッドの30gと、遜色無い飛距離が出ると思いますが。。。

 重くすれば飛びます! が、飛ばすために重くするだけでは置き竿の餌釣りなら良いのですが、ルアー・フィッシングではそれだけでは〜 通用しません!! 強靭な体力が有れば別ですが(笑)

 より軽いながらも飛んでくれることが、ヒラメ釣りメソッドというかサーフでの釣りのド基本の「ラン & ガン」「キャストを繰り返す」、「ロッド・アクション」を、軽快にしてくれるのです!!

 まずはド基本形で投げ試して、他の市販ジグヘッド等とも比較( 飛距離、沈下速度、トラブルレス、多様性、応用性を比較 )して頂いて、その後はそれぞれの地域、釣り場、目的の対象魚に合わせて、個々人のオリジナル仕様でお試しくださいませ〜 の、セットです。

 どうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m


posted by hiramemj at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2019年07月11日

new!「トライアルセット」と、「SMJ10入り」

辛口レビューを頂き(苦笑)、その原因を突き詰めたところ(パワーシャッドによるド基本設定でのセッティグで試せていないんじゃ???)という結論に行きつきました。

SMJ(スーパー マルチ・ジョイント)」は、様々な市販シンカー市販フック、他社ワームも対応できるというところもメリットの一つではありますが、私としては漁師さんが漁で使用する超高実績なパワーシャッド、ミノー(M)で、まず最初は試して頂きたいのです。

何故ならMJリグ自体が、それらのワーム体高、弾力性を元に設計してあるからです。

 例えば、同じエコギア「バルト」であっても、3.5インチならばSMJにしっくりくるのですが4インチですと無理無理にワームの背中を指で押し縮めて〜 SMJ設置することになります。

 そうしますと・・・ 辛口レビューに有ったように、本来有り得ないはずの「寄せている間に、フッとワームが外れた・・・」みたいなことが発生しうるのです。

 SMJは、SMJの設置位置でワームの体高1.2mm程のものまでに設計してありますから、それ以上の体高の有るワームで使用する場合には、ワームの背中部にカッター等で1.2mmの巾に合うように、切れ目を入れて溝を作る必要が有るのです。
0608-1.jpg


 でないと〜〜 ワームの持つ弾力性・反発力で、ちょいとしたきっかけでワームがSMJから外れる・・・ という事態になってしまうのです。

 かといって、都市部に住んでいて釣具屋さんがすぐそこに有る方々は良いのですが、MJリグのユーザーさんは全国の離島を含めた様々な地域からオーダー頂いてまして、近くに釣具店自体が無い地域の方も多数おられます。

 そうなりますと〜 私にとってはメジャー級と思い込んでるパワーシャッドであっても、簡単に手に入らない。。。 

 ということで「トライアルセット」「SMJ10入り」そしてまだNEWにはなっていませんが「miniセット」にも、「後はリーダーを繋いで、投げるだけ!!」の、「パワーシャッドによるセッティング・サンプル」が必要だろうということで、構成を組み直してみました。

 左記、画像も新しく変わっておりまして、特にかつての「SMJ 10+1」お求め頂いたユーザー様には、お得感が感じられるのではないでしょうか???

 ということで新しくしてみましたので、( 完成形がどうにも解らない・・・ )という方は、もう居なくなるのではないかと。。 
 どうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m

 

2019年07月05日

7/5 夕方5:32pmの海状況

 ニュースを見て(夜から雨かぁ・・・)
外を見ると、まだ雨は無し。(そんじゃ〜 写しに行くかぁ〜)と、準備をして外に出るとポツポツと雨が・・ふらふら

 かろうじてセーフ。
DSC_0467.jpg

 波は凪と言って良いでしょう、穏やかです。が、流石に昨日までの台風のような天候の大荒れで、濁りがやや強目。

 ポツポツ雨を気にしながら、タックルは持参していたため急ぎながら横移動しながらのキャスト。
 クラーボックスに数匹のワカシを釣ってる方がいましたが、サイズは30cm有るか?? という、今時期にしては極小サイズ。

 表層にもモヤモヤが出ましたのでキャストしての表層探り。 わずかなココっという当たり?らしきものもあるものの(これ・・・当たりじゃない。群れで体に触ってる??)と言う感じで乗りは無し。ボラの大群かも。。

 置き竿の籠釣りに方の竿が曲がっていまして、釣り上がるのを見てますと、上がってきたのはやはり30cm有るかな無いかのサバが連で3匹ほど。

 その後3〜40分ほど水底探りするも、雨粒も大きくり反応無しで退散。これから雨足が強くなるとの天気予想ですが、土日とは晴れ予報。せめて釣り日和になって欲しいですね〜
 いつになったら爆釣情報が聞かれるのやら、、、 もう7月だというのに。。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて前記事では、よりライトなタックルで、引きつりながらドキドキしながらの釣りは楽しいですよっ、てな意味合いを込めて書きましたが、ラフサーフ88は発売しだした15年前時からフィネス思考ではありますが、タイト・タックルでは無いのです。
DSC_0419.jpg
< タバコを止めて、電子タバコに。もう2か月近くになりますよっ 超快適!ライターも灰皿も持たなくていいし、雨降る中も平気〜 (笑) >

 軽いという意味ではライトですが、ひ弱なロッドでは無いのです。だってヒラメ用ロッドを謳う多くのロッドでも、最大負荷重が30g前後というロッドが未だ多い中、ラフサーフ88は15年前の当初から最大負荷重は40g設定。
 ですから超・軽いけれど、ライトという言葉からイメージするライトとはちょい違うのです。

 一時( もっと強靭で、ロングロッドが良いのか?? )と考えたこともありましたが、あの大磯103cmの大ヒラメが8.6ftで釣り上がったことで( いいんだこれで、これで充分上がる強度は有る! )と、確信したわけです。

 ラフサーフは、パッと見価格は、安い竿では無いです。
 が! ヒラメ、マゴチだけじゃなく、大型ロックフィッシュにも使え(東北・北海道でのロックフィッシュ大会で優勝者、上位者多数使用)、エギングにも使える(4号のエギだって楽勝負荷重。2.7kgアオリ釣果実績有り)、感度、強度も持ち合わせていますから、一本で3本分。 と、考えて頂ければ安いでしょ?(笑)

 売られているヒラメ用ロッドで、これだけ対応できるロッドって少ないですよっ

 リールの進化はね、素晴らしいですよっ、カーボン素材などの革命で。驚く軽さに、壊れにくい構造。もうこれ以上の機能は要らないんじゃないかと言うほど。
 15年前のシマノ、ダイワさんの最高級モデルの性能が、今なら2万円前後の機種の方が上ではないのか?と言うほど。

 お金を掛けるなら、釣りを楽しくさせる、ルアーにより生命感を与えることで釣果に差が出る「 竿にもっとお金を掛けたほうが良いじゃないのかなぁ〜〜 」と思いますよっ お気に入りになれば、リール以上に長く使うものですし。

posted by hiramemj at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2019年06月29日

釣りと漁の違い

今年も明日一日で、もう半分終わり。。
きっと多くの人が(あっという間だなぁ・・・)と、感じてるのではないでしょうか? 同じく私も。

 海画像行く予定ではありましたが、外は雨で中止。現時点19:25pmでは止んでます。予定より早く台風が抜けてくれまして、明日晴れてくれればいいですね〜

 今日は土曜日という事で、毎週録画予約している「ザ・フィッシング」を見てみましたが、船でのライトタックル釣行。 子サバを釣って、それを餌にして「泳がせ釣り」。 釣れますね〜 ヒラメさん 

 近頃はサーフのヒラメ釣りでもフィネスと言う言葉が広がりつつありますが、私なんてラフサーフのコンセプト通り、最初っから今まで、ず〜〜っとフィネスですよっ(笑)

 で、漁と釣りの違いは何か? 
漁は経過じゃなく結果を求めますから、釣り上がるまでの時間は短い方が効率的。 一方、釣りとは・・・ 釣り上げるまでの時間 & 過程を楽しむのが、漁とは大きく違うとことだと思うのです。

 富士山のてっぺんまで行く! 
 ヘリコプターで行けば楽でしょ? でも、あえて足で歩いて登るのが登山。
山頂から見える景色はヘリコプターで行っても同じでしょうが、同じ景色を見ながら、足で登ったほうが感動の大きさは違ってくるでしょ?

 ここ数年は強靭タックルが流行り、とにかく捕る! 取って写して「いいね!」が欲しい??(笑)見た目は釣りなのですが、結果の求め方が漁的 ?(笑)

 なぁ〜〜んか違う方向じゃないの? と、思ってたんですが、船でもおかっぱりでもライトタックル方向に流れていますが、当然だと思いますよっ
 
 同じサイズを釣っても、よりライトになればなるほど難しい、、 けど!より楽しいんですから。
 世界の基準もそうですよ 世界記録登録には「何ポンドラインで釣れたのか?」で登録される。
 要は、同魚種、同サイズなら、より細いラインで、魚と対峙して釣れたものほど高評価という事。より細いラインを使用するなら、またそれに見合ったタックル構成になる。

 そりゃ釣れないより釣れたほうがいいに決まってますが、結果よりも過程に重きを置くほうが、記憶に残る釣りになると思うのですよっ

 大磯での伝説の103cmの大ヒラメ。
 確かに大きさもデカいが、それ以上に注目なのは8.6ftのシーバスロッドで釣り上げらたこと。 上がるんですよ ちゃ〜〜んとやり取りすれば相当の大物も。

 そんなことで、「 釣り上げるまでを楽しむタックル選択 」を再考してみてはいかがでしょうか??  ってことで、明日晴れますように!!!(笑)



posted by hiramemj at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2019年06月24日

小ひらめさん×2尾(地元 ゆたさんから)

 小さくとも、釣れなきゃ海の様子も解らない、つぅ〜ことで良いんじゃないでしょうか? 情報ありがとうございます!! ターゲットを的確に釣ることが大事。

しかし、身の丈からしてもデカいのを丸のみしてますね〜 
こんなでかいベイトを食う訳ですから、4インチ程度のワームは丸呑みさせる!! ガッポリ丸呑みさせれば〜 シングルでもバレないわけですよねっ? 小さくっても。
期待しましょ、今後に。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

朝から雨だったものの、夕方行ってみると思いの外良い状態だったので、最近釣っていないマゴチ狙いでMJリグでボトムを攻めてみました。

ワーム:パワーシャッド4インチ(ピンク),スプーンテールライブロール4.5インチ
シンカー:海直7号
フック:シングルフックのみ
IMG_0353.jpeg

IMG_0361.jpeg


1枚目はボトム着底からの巻き始め、2枚目はボトム着底間際にティップの先にコココンと小気味良いアタリできました。1枚目の時は、小カマスを吐き出しました。これがベイトのようですね。
IMG_0354.jpeg

ヒラメ2枚(いずれも29cm)。似たり寄ったりサイズのソゲですが、今後に期待です!
posted by hiramemj at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2019年06月22日

マゴチ57cm(静岡 kongoさんから)

 昨日のアカハタの釣果画像の画像アップ了承を頂きましたので、早速アップしましたので見てみて下さい。
そして本日は静岡からの久々のマゴチのナイスサイズの釣果報告。おめでとうございます〜!!!

 この地域もようやくマゴチの声が聞こえてきてますが、産卵接岸のメインシーズン中なのに、今年はどうにも遅かったというか。。。 今後に期待です。
今後に期待の、静岡kongoさんからの釣果報告です〜 (苦笑)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
先週先々週と2週とも、土日は海が荒れていて、釣りができませんでした。
今朝は久々に海が落ち着いており、良い感じの釣行ができました。

小型の青物が回っているとの情報が多いので、青物狙いで始めたのですが全く反応がなく、周りも釣れていない様子なので、フラット狙いに切り替えメタルジグで底を広く探りましたが反応なし。
R0010207.JPG

MJに変え、少し濁りのある海に対してオレンジ系で攻めるもやはり反応無し。ナチュラル系も試すもやはりダメ。昨年の夏シーズンに反応の多かった赤金のワームに変え探り直していくと、手前40巻位のところで、コン!!!と、気持ちの良い当たりが来て少し強めの引き。

引き具合から、たぶんマゴチかなと思いつつ、波打ち際でばらさないように慎重に引いてくると、出てきたのはやはり良型のマゴチ57pでした。リグをローテーションしながら得たバイトでしたので、嬉しい一尾となりました。
R0010236.JPG


ヒットタイム:朝6:00 追い風微風、多少の波あり、笹濁り 
MJ+マーズローリングシャッドM・赤金+TG21gシンカー
R0010211.JPG


posted by hiramemj at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2019年06月21日

アカハタ釣果報告と、(続)リールについて

 まずはメールにて、三重県のユーザー様からMJでの「アカハタ38cm(自己記録)が釣れました」との、メール釣果報告が有りました、嬉しいですね〜〜 kさんおめでとうございます〜〜!! やりぃ!!
アカハタ 38cm.jpg

キジハタ、オオモン・ハタでは40アップの釣果報告が有りますが、レアなアカハタでは、このブログ内でも最大サイズですね〜 更なるサイズアップをお祈りします〜

 関西と言いますか、アカハタでは紀伊半島突端近辺でのユーチューブ動画を目にするのですが、こちらの伊豆半島でのアカハタよりも釣果確率が高そう。イイですね〜〜 

 さて、リールについて書かせて頂きましたが、異論反論もおありでしょうが、あくまで私の認識として、リールのハンドルを回すことでベールを倒す機能(インナーキック)は、車で言えばブレーキと同じ認識で良いと思うのですねっ

 車に乗ればブレーキも踏む! ブレーキ踏めば、ブレーキ・パッドが消耗して、いずれ交換しなければいけないことは良くある話で、そうも不思議な話じゃないですよねっ?

 それじゃ〜ブレーキパッドの減りによる故障を減らそうと、ブレーキを踏むのを控えよう・・・と言う方は?? 居ないと思います。運転に絶対に必要な動作ですから。峠の長〜い下り坂のような特殊な場合を除いて。

 リールのインナーキックは、釣りには絶対に必要な動作なのです。
その事によってのリールの故障は、ブレーキパッドと同じ感覚でいいと思うのですよっ (その時期が来たら、修理に出すしかしょうがない・・・)と。 車のブレーキ同様に、インナー・キック機能は、簡単に壊れてしまっては困るのです!!(笑)

 インナーキックによっての数か月でのリール(ベール)の故障なんて、数多くリールを使用してきましたが、私には記憶に無し!
 ベールが倒れにくくなったら、グリスなりシリコンオイルを注入すれば、大概は元通り!数年間は、これで大丈夫でしょ

 フィシング・ショーでは、恐る恐るベールを倒したままで、ハンドルを巻いて「巻き心地がいいね〜〜」などと言ってないで、ベールを開いて、ハンドル回して自動でベールを倒す!!チェック、これを遠慮なくやっていいんですよっ 全然、問題無し!!勿論、お店で試しに触る時も。
 リールのド基本機能ですし、それが良いリールか、使いやすいかどうかの判断基準なんですから。

ps、 夕方に海画像を・・・と、思ってましたが、強風止まず断念。。


posted by hiramemj at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2019年06月16日

リールについての基礎知識

 ここのところテレビの「ザ・フィッシング」を見ていて、どうにも違和感を感じることが有るのですねっ

 釣りの番組内の対象魚がどうのという事では無く、リールの使い方について。。

いつからそうなったのか?? ルールのベールをわざわざ手で倒してからリールを巻き始める方が結構居る。。スピニング・リールですが。

 何で?

 リールは本来ベールを開いて、キャストしてリールを巻き始めると同時に自動的にベールが倒れるように作られているのに。。

 これはインナー・キックと言いまして、そのように(ハンドルを巻いて倒す事)使うことを前提として、釣りには欠かせないリールに必要な機能でして、高級機種かそうでないか、良いリール良くないリールの基準に、このベールの倒れ方がいかにスムーズで、静かか? が、判断基準といっても過言ではないくらいリールの見定めポイント。

 ええっ? と言う方は、釣具屋さんで安いリールと高級機のベールを開いて、ハンドル巻いて自動で倒してみて下さい、安いものほど硬〜く、倒れる時にガチャン!と、大きな音がする。。
 高価格帯機種ほど、それが超スムーズですから。 また、あまりに安いモノは雨に濡れたりするとベールが自動で倒れなく、固まったりと。。。

 リールの巻き心地と言う言葉をよく聞きますが、巻き心地とはリールを巻いてる時だけじゃなくて、ハンドルを巻き始めてベールが倒れてのスムーズ性も入っての、巻き心地だと思うのですよっ

 かれこれ私がスピニング・リールを使いだしたのが40年も前になりますが、渓流のルアーから始めました。
 そうしますと、早い流れの川では手でベールを倒すとか、右利きなのに右ハンドルなんかにしてますと、ベールを手で倒したり、ロッドを逆手に持ち替えている間に、あっというまにルアーは下流へ流される。。。

 リールのベールは手で倒すのでは無く、巻いて自動で倒れるもの、ハンドルを巻いて倒すものと言うのが当たり前の認識で、それが常識、ど基本だったはず。。

 が、近頃テレビの結構有名な方でも手で倒す。。。 何〜〜んで?
リールが壊れるから? そんなことでは壊れませんし、それですぐに壊れるようなリールなら、リールとしての基本機能自体がダメダメなのです。

 前から思ってはいたのですが、なんでこのことを今書こうかと思ったかと言うと、先日、村田 基さんのユーチューブを見ていて、そのことに触れていたのですねっ 私もそれを見ながら(ですよねぇ〜〜 )とうなずきました。

 手じゃなく、ハンドルを巻いて自動でベールを倒す、それがリールとしての当たり前の使い方で、より軽〜く巻き始めて、極力違和感無くカシャと倒れてくれないと困るのです。 ↓ そのことについて触れていますので見て下さいね〜 動画途中からの映像です。

  俺は海だけでやるからいいんだ! 俺はこれでいいんだ! と、言ってしまえば、話は終わってしまいますが、やっぱ釣りだけでなく何ににでも基本と言うのがあります。間違った形で体に染みつくと、これがなかなか直らない。。ゴルフのフォームだってそうでしょ?

 もしも渓流などで釣る機会に遭遇した時に、ありゃありゃ〜 となるのです。海だろうが、川だろうが、ナブラへの早い手返しが必要になる時に、基本が出来ていれば困らないのです。

 例えば、この地域ですよ平塚海岸の沖テトラ、静岡・久能海岸の沖テトラ有りますよねっ? そのテトラの1m手前に落としたい・・・という時に、ベールをハンドルを巻いて倒す癖になっていないと〜 それが難しくなるのです。

 ルアーか着水する前に、リールを巻き始めベールを倒すことでのサミング。ルアーなり、リグをテトラの1m、50cm手前にキッチリ落とせるのです。

 もう一度言いますが、ベールは手で倒さなくとも壊れませんよっ 手で倒さなくても、ハンドル回せば倒れ、その事ですぐに壊れることの無いように、そう使うことを大前提として作られているのです、最初から。と言うか、40年以上前から。

 逆に言えば、ベールを手で倒さなきゃ壊れるというなら、このリールはピンポイント狙いのできないリールですよ ピンポイント狙いする人は使わないでください、と言っているようなもの。

 ピンポイント狙いのできないリールって・・・ ただの糸巻き機じゃないの?(笑)

(続)「リールについて」の追記は、ここをクリック


posted by hiramemj at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2019年06月14日

6/14 夕方5:22pm 海状況

  数日前の天気予報では「土曜日は快晴・・・日曜日は雨かも?」予報でして、それに加えて昨日の段階では波は収まり傾向に見えたので、行ってきました〜 穏やかな海を期待して。

 が・・・ ま〜たコレですよ、、、 波+ウネリに加え、浮遊ゴミ。キャストし、ロッドをリフトすると〜 毎回海藻クズが一杯ぶら下がる状態。。 釣り自体が成立しなく30分ほどでギブ・アップ〜
浜に誰も居ない訳ですよっ(苦笑)
0614-1.jpg


 で、こういった波、ウネリが有る時に、岸際でリグがもまれると、こんなリグがひっくり返った状況で返ってくることが有ります。
0614-2.jpg

 
 何度か同じような状態で戻ってきて、直す事がウザいなぁ〜 と思ったら、スナップの繋ぎの穴を先端に換えて下さいませ(テンヤ仕様に)
 
0614-4.jpg

そうしますと、シンカーはスナップによって水平状態より上には行かないように当初から設計してありますから、トラブルは皆無となります。
 シンカーとスナップの位置が近くなりますと、若干飛行姿勢が不安定にはなりますが、キャスト方法さえきっちりできればライナーで飛んでくれます。

 帰ってきまして天気予報を見ますと「明日は大雨・・・」と。
だけれど、雨不足でダムが空っぽ状態のところもあるようですから、これはこれとして我慢しましょ
 せめて日曜日、何とかなって欲しいですね〜

posted by hiramemj at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2019年06月13日

天気は最高!海は、、、

 好天に誘われ(今日こそは!)と、海に行ってみました。
さわやかな風と暑すぎない気温に景色最高! 
若干濁りは残るものの、これで水底状態さえ良ければ文句無し!!!

 が、ま〜だ波足有るんでよね〜 岸際の砂地も締まっていなくグズグズ状態。サーファーさんは気持ちよさそう。AM11:32
DSC_0295.jpg

 あと10m波足が短ければ、納得いくところまで届くのですがね〜〜 30分やって草フグすら無反応で、( レンジ外さず、超リアルでやって、反応なければしょうがない・・・ )と、スプーンテール・シャッド
19 100.jpg


 それでも無反応というか、ウネリでうまく泳がせられないというか寄せられない。。 で、退散!! トホホ
 時間経過とともにウネリは収まり気味で、濁りも薄くなってゆきましたが、今日の夕マズ目、明日以降ならいいんじゃないでしょうか?


posted by hiramemj at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2019年06月12日

ふぅ〜〜 なかなか海状況と合わない

 昨日は雨ながら凪と言う情報が有ったので、てっきり晴れた今日もそうかと、、 が、
DSC_0275.jpg

DSC_0277.jpg

DSC_0274.jpg


どうにも海に嫌われている。。(苦笑)
それでも一時間弱キャストしてみましたが、周りのSトロ、キス釣り、ルアーの方々も釣果は出ない模様。
イシモチにはよさげな濁り方なのですが、やっぱちょ〜とウネリがきつく、波足が長すぎ。

 週末には、いいんじゃないでしょうか? 少なくと天気は良いという予報。


posted by hiramemj at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック