2017年12月21日

ラン & ガン 考察 (その1)

 ラン&ガンとは、キャストしながら移動して、より広範囲に釣ってゆくことであり、車での数カ所移動もラン&ガンと言いますよね?

 で、フラット・フィッシュには、このラン&ガンが基本と言うか、そのほうが効果的というのが一般的メソッド。

 何故かと言うと、シーバスや青物のように回遊して来る魚ならば、定点でキャストを繰り返すというのも大有りなのですが、一旦水底に張り付くと、ジ〜っとして、待ち伏せで獲物を狙うことの多いヒラメに対して、こちらから広範囲に探りを入れて広範囲に探ってゆくというのは、やはり理にかなっていると思うのですねっ

 時合いによって、いきなり高活性になることもあるから定点で粘る!という考え方もあり、私も時合いで食いが立つ経験は何度も経験してますし、それも有りだと思います。

 ヒラメ釣りメソッドには、絶対にコレ!なんてものは存在しなく、地域や海状況によっても攻略方法は様々であって当然で、ただ釣り人の好みによって、ここら辺りで釣りスタイルが大体2手に分かれるわけです。

 私は、基本的に後者の方が好きなんですねっ ランガン・スタイルが。

 何故ならヒラメに限らず、ルアー・フィッシング自体の基本メソッドの「食い気のある奴、やる気の有る奴から釣ってゆく!」という考え方にも賛成だからです。
 ですから移動しながら、食い気のある奴を優先に探ってゆく。逆に言えば食い気の無いやつは後回し。

 そうしますと〜〜 ここからが私が一番言いたい事。

 ランガンを2時間、あるいはそれ以上するとして「軽快に、しかも明日に疲労を残さないで(笑)その時間やれるルアーなりリグの重さ(ワームをセットした状態)は、30g前後。以内が理想的!」だろうと、経験上思うわけです。
 あくまで、今の私の体力・腕力的、あるいは5年後、10年後にも「ランガンを」やり続けられる重さとしては。

 MJリグは、重さで飛ばすと言うような印象が有るのかもしれませんが、逆なのです。
 より軽く、あるいは今まで通りの扱いやすい、ランガンしやすいルアー&リグの重さの中で、より飛距離を伸ばしたい・・・ということなのですねっ
 ただし、飛ばしたい時には飛ばせるよっ というのは、主ではなくオマケなのです。(笑)

 重くすれば飛ぶというのは当たり前ですが、重くすればその反作用としてロッド操作が困難になり、ランガンも難しくなってきます。

 「ただ巻き」がテクニックとして有って良く、「ただ巻でも釣れる!」という甘〜い売り文句も結構目にしますが(苦笑)、ならば、ルアーロッドである必要なんて無いのでわ?
 ルアー・ロッドを凌ぐ、投げ釣り竿で200mぶん投げて、ただ巻すればイイ。

 何の為のルアーフ・ィッシング、ルアーロッドであるのか?ということを今一度考えてみると、道具選択も変わって来ると思うのですよっ

 私は、ロッド・アクションが出来てこそ、やってこそルアーフィッシングだと思っているのですねっ 勝手自論ですが。


posted by hiramemj at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2017年12月19日

12/19 お昼の海

 お昼前にあまりにポカポカ陽気で、無風状態だったものですから(ん? 今日は一日こんな状況が続くの?? ちょいと行ってみるか。。)と、出かけた途端に嫌な風が吹き出し、海に着くとうさぎが跳ね出す一歩手前、、、
DSC_1867.jpg

DSC_1865.jpg

(あ〜〜あ゛や〜っぱそうきたか、、、)

 岸際から30mほどに濁りが有りましたが、その向こうはOK。そこそこの強風はアングラーにとっては厄介ですが、水中の魚にとってはそうもどうってことのない状況。

 せっかく来ましたのでキャストしますと、飛距離的にはやってやれなくない位置まで届きますが、ウネリがあっという間に大きくなり、ラインは大きく湾曲するわ、波頭と波頭をまたぐわで、ロッド操作不能となっての10キャストほどでギブアップ。。

 ポカポカ陽気の中で、の〜んびりデイゲームをやりたいのですが、ここのところはずっと「昼間の強風」でやらせてもらえません、、

 この地域の釣具屋さん他のブログをネット・サーフィンしても、どこもここもパッとしない様子なのですが、やはりこの原因はシラスが居ないことに有るのでしょう

 シラスが多ければ、子食いにカタクチがやって来て、それを追ってヒラマゴ、青物もという循環となるはずなのですが、シラス漁師さんのブログ内でも、この地域の今現在もシラス漁は相当不漁のようですし、1昨日に私が(岸際のシラスが2cm程と小さい)と書いた通り、船漁でのシラスも極小とのこと。

 ただヒラメも、全く釣果ゼロではないのは、秋になればDNAで鮭が川に遡上するように、通常ならヒラメも、秋には産卵の為の荒食い時期で、鮭と同じように餌が無くともDNAで接岸してくる個体もいるでしょうし、今釣れている人の釣果はそんな個体なのかなっ?と、思いますねっ

 オカッパリで、なんでヒラメが釣れるのかと言えば、「餌を食いに、わざわざ寄ってくる・・」ということですから、やっぱベイトが居てくれることが基本なのですよねっ、当たり前ですが。


posted by hiramemj at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年12月15日

12月15日 (金) の夕方の海と、改良ブーツのインプレ

 まずは海状態ですが、水質良好、ウネリ小でぽかぽか陽気、見た目はまさしくヒラマゴ日和。釣り人は、辺りにゼロ〜

 岸までリグを寄せてくると、際ではシラスがピチャッとしますが、例年よりもそのサイズが小さく2cm程?ベイトになりうるか??という小ささ。
 
IMG_0026.JPG


 海鵜もチラホラ居ますが、その様子もいつもとは違う感じで、孔雀のように頭のてっぺんにピンとトサカのように羽が生えてる例年の鵜じゃなくて、鳩のような丸い頭の鵜。。 ??

 来年の思いを乗せた試作(メタルとプラグのイイとこ取りのワーミング。これについては後日記述しますねっ)キャストは、納得の結果でしたが、魚からの反応は無〜し。3〜40分のキャストなのですが。
 週末はよさげな天気予報ですが、さてさて海の中の魚影はどうでしょうか??

 で、ブーツ底のインプレですが、岸際で濡れて砂地を歩くと、ラジアル底と同様、砂が一杯付着します。
IMG_0032.JPG


 が、乾いた砂地を数メートル歩くだけで ↓
IMG_0030.JPG


 一回ちょいと靴底を岩などに擦ってあげれば、
IMG_0031.JPG


 殆ど砂は落ちて、この状態で岩やテトラやコンクリートの斜面に上がっても、もう大丈夫ですねっ
非常に快適です!

posted by hiramemj at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2017年12月14日

ブーツ底のプラスティ化

 最近多いのですが、夜に眠れない・・・
 眠れないからアマゾン・ビデオの海外TV(メンタリスト)を見ていると夢中になって、更に眠れず朝に。が、昨夜も。

 昨夜は、例の長靴の靴底改良の画像を取り、編集致しましたので見てみて下さいませ。
 今回は新しい「プラスティー・ディップ」缶を開封しての塗装?というか付着させましたので、ややシャビシャビでしたから丁寧に塗りました、使用済み歯ブラシで。

処理工程.jpg

 画像のフローリング床で履き試ししましたが、処理前にはフローリング床でツルツルと滑り転びそうなほどでしたが、塗装後は滑りズラそうとしても数ミリも動かず!
 まさしく張り付く感じ。やっぱすごいんですよね〜 グリップ力
かと言って、靴底を床から持ち上げて、ねっちょり張り付くようなベタベタ感は無いのですよっ

 サーフ用での処理として推奨していますが、その昔フライフィッシングでの源流行経験で、砂地も山の泥斜面も歩きながら、且つ大きな数メートルの大岩を登り越えて行かなければいけない場合を思い起こせば、(源流行でも最高だろうなぁ・・・)と、思います。


 ぜひお試しを!! その滑らなさ加減に感動しますから。

posted by hiramemj at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2017年12月12日

12/12 夕方の海

 明日から大寒波で大荒れとの天気予報と、昼間に吹いていた風も止み、試作のテストと先日購入した長靴の履き心地レビューも兼ねて(行っておくかぁ・・・)と、海へ。

 長靴に関しては、商品到着早々に(このヒモは、ゴムヒモに変えなきゃ、緩むし締めるのがめんどくさいなっ)と、即交換!靴は、今回はあえて靴底改良前と改良後の差をレビューしたく、未改良のままGO!
IMG_0013.JPG


 履いて歩いた印象は(アレ? こんなに反ってたっけ?)土踏まずから指先までの靴底が上方向に反ってるのが気になる・・・ 前のものと比べたら、やはり反りが増している。(フェルトを貼ったから??)

 この長靴でなくとも、アウトドア用の靴底の形としてこの反り形状の靴底のも多いのですが、山や斜面を登るには良いのですが、砂地平面では歩くとやや疲れるんです、この反り。。

 そしてフェルト底の砂地サーフでの最大の弱点。。 ↓
IMG_0021.JPG

 ねっ? こう砂が付くつと〜 岩やテトラに上がろうとすると、滑るんですよね〜 車内は汚れるわ、重くなるわで、砂地サーフでのフェルト底のメリットを感じられない。。。

解っていた事ですが、やっぱプラステー・デップ加工を施しましょう! それでコレは解決!! 塗った後のレビューもしますねっ

 さて、海ですが風は微風で水質はやや水温低下による白濁気味で、この時点から30分後にはウネリが出始めて波足も長くなり〜の、岸際の地面も緩んでグズグズとなり、草フグからのワームかじりさえ無く撃沈。。

 もっとも今は手持ちワームの全てを「キラキラ尻尾改良」してますから、ワームの尻尾かじり被害も無かったのかも??

 ま、そんなことで明日は完全冬型の気圧配置で、特に北や日本海側では大雪予報でもありますが、反面こうゆう時のこの地域界隈では超快晴なことも多く、風は強くても背中からの風になるはず。

 表面上の海は悪くはないのですが、生命反応が感じられないなぁ〜 小魚の気配さえ (−_−) 


posted by hiramemj at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年12月09日

12/8 ヒラメ 51cm (静岡 kongoさんから)+ 12/9 夕方の海 + ヒラメバイブル 2018

12月に入り、シーズン真っ盛り。…なれど、サーフは結構渋いです。
 先週は、ずらずら人が並び、満員御礼だったのに、今朝は少し隙間があり…少し離れた所で、お祭り情報があったのではないかしら…。 しかし、今朝のサーフは一気に冬、とても寒かったです。
DSC08986.JPG


 そういえば出発時、車のフロントガラスにも霜が降りていました。天気予報では波が高めと出ていましたが、行ってみるとかなり落ち着いており、釣りやすい状態。5時半ころから頑張っていました。 が、明るくなるまで当たりも無し。

 地形的には良い所には入れたので、どこかで当たってくるはずだ…と粘るもダメ。最後にいつもお世話になっている、パワーシャッド5インチのスーパーホログラムピンクグロウに付け替えてしばらくすると、ほんとに足元でグググッとバイトが出て、波に合わせてランディング。
DSC08970.JPG

DSC08974.JPG


 出てきたのは、元気なヒラメ51pでした。リグの回収でボーっとしてたところでのヒット、あっという間のランディングで、釣った感が薄いのが残念。でも、全体的に渋い中での釣果、嬉しい1枚でした。
DSC08981.JPG


ヒットタイム 朝6:50 MJ+ナツメ18g、パワーシャッド5inスーパーホログラムピンクグロウ、Kongo仕様

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おめでとうございます!! ヒラメのハートマークの瞳・・・良い!(笑)

 そうなんですよね〜 この季節、そこで食うかっ!みたいな、ホントに浅い岸際で食ってくることもありますから、気を抜けませんし、立ち込みもしない位でちょうど良いと思います、今時期は。

 盛り上がって欲しいですね〜 正月に向けて。 MHM カシワギ

==================================

 本日の夕方の海と、ソルスト別冊「2018 ヒラメバイブル」のお知らせ

 まずは夕方の海。テトラ上3m程の地点では砂を巻き上げた濁りが岸から5〜60mほど。しかも、その高さで波しぶきをかぶりそうなウネリ有り。

視線を東にやると、そちらは濁っていない模様でテクテクと400m移動。
 丁度、満潮時間のてっぺんで、水質良好、微風ですが、波足が長〜〜い。
IMG_0020.JPG


 30分前はポカポカ暖かく、そうも厚着でなく、薄いフィッシンググローブ。が、陽が傾いたと同時に一気に冷え込み、もう我慢限界。。 やっぱ冬ですね〜 昼間以外は完全防寒でないと厳しい!

 さて、発売日が・・・ 1/30? もう出てるのかなっ? 本日「ソルト&ストリーム」編集者から送られてきました。別冊「ヒラメ バイブル2018」
IMG_0024.JPG


 私の担当部分は、このブログ内に有ります「尻尾改良」について書いてます。MJリグと言う文字は、自己紹介欄に、渋〜く、こっそりと一文字だけ。 もうちょっとだけ宣伝してよ〜〜 編集長!(苦笑)


posted by hiramemj at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2017年12月06日

長靴を買い替え〜

 膝下でキュッと紐で絞れるタイプの長靴というかニー・ブーツを、以前にコレ買いました!と、紹介したのがこのブーツ(画像左)で、以前に愛用していたバーバリアン・テーフテンの半額ほどなのと、デザインが洒落てて購入したわけですが、穴空きを修理しようとしたものの断念。
 やっぱタウン用、雨用ということで、アウトドアで使うには強度が足りなく、寿命は短かったなぁ〜 ¥7000程したのに。。
IMG_0013.JPG


 代わりに購入したのが、以前に使ったことのあるコスパ最高の右側(プロックス¥2788)。
 再び同じものを買おうと思ったというより、長靴を検索していて新登場したコレを発見し、「アレをこの靴底に塗れば・・」ポチりました。

アレとは(←クリック)、「プラスティー・ディップ」

 プラスティー・ディップを靴底に塗ると〜 抜群のグリップ力で、テトラ上やゴロタを歩くのにピタッとくい付き滑らなく、コレを塗るためにはフェルトの靴底がバッチリなのです。
 以前私が使用したのが画像上のラジアル底で、下が新タイプの今回購入のフェルト底。
IMG_0014.JPG


 ここ3〜4年、私はウエーダーを殆ど履いてないのですね〜
 何故かというと、濡れる位置まで立ち込まない立ち位置を取っているからですねっ

 MJでの飛距離アップが(数メートル前に出たからって〜〜)という気持ちにもなり、また岸際数メートルでのヒットに連続して会ってから、「濡れない立ち位置」に立つことで、ウエーダーが不要になったというか、使わなくなった。。

 この地域のゴロタサーフで、プラグやメタルジグを主に使用する方が、膝くらいまで立ちこんでキャストするのは解るんです、ゴロタに揉まれれば塗装がハゲますから、浮いてるうちに回収したいのは。

 だけれどワーム・リグは塗装がハゲが無い事もメリットの一つで、わざわざ冷たい水に立ち込む必要も無いと思うのですよっ

 そして、ここのところハタゲームに行ってると、ウエーダー履くほどでもなく、かと言って磯&ゴロタとはいえ、シューズではちょいと波が立ってザブンとなると濡れることが有り、この膝下サイズの長さが程良いのです。

よろしければどうぞ〜 安いですよ〜 画像クリックで一番安いアマゾンへ




 しかも浸水しだしてのリタイア後に、ゴム部分から上をハサミでカットして、雨の時にシヨート長靴としても使えますよっ 私、再利用してます。浜を歩くのに砂が入らなくてイイ! 履きやすい、脱ぎやすい
 ついでに、風呂掃除用の長靴としても(笑)
ショート・ブーツ.jpg


posted by hiramemj at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2017年12月04日

本日追加 MJリグーNS

アマゾンに「MJリグ NS(ノーシンカーset)」が、本日追加されました

 ブログ設定のトラブルが発生していまして、いつもと違う背景となってしまっています。。。



 

2017年12月02日

海状況 & 寒いですね〜

 12月に入り一気に寒くなりましたね〜〜 私は、寒さが苦手で雪降る飛騨高山から小田原に越してきたようなようなものなのですが、明らかにこちらのほうが暖かく、冬なんてなんのその!と言いたいところ。

 ですが、人間の体はその地に合っていくようで、寒さ感は飛騨高山に居た時とそうも変わらず。。。 さぶっ! 寒ぃ〜〜!!(苦笑)

 こちらへ来る前の2000年頃の日本海・富山湾では、私の冬の釣りはほぼほぼお休みでして、魚影的に釣れづらいということもありますが、地面が雪で覆われれば、釣りにくい & 危険 ということで、ほとんどせず。

 てっきりこちらのヒラメも、冬はアウトだろうと思っていたのです。
ところが!! 正月にバンバン釣れる! という事実。。。
それがこちらへ来ての、何よりの おったまげ〜 でしたねっ

 釣期が長いんだと解って嬉しい!! 反面、寒さに弱い私にとっては苦痛でもあり〜 の・・・ (苦笑)

 そんなことで、こちらでの冬の超えも16年目(2002年11月HP開設)になりますが、冬対策、寒さ対策もこれまで随分とあらゆることを試行錯誤してきました。

 寒ければ、着ればいい! というわけにはいかないのですね〜  ランガンを基本とする場合には。

着込めば動きにくい・・ キャストしにくい・・ロッド操作しにくい、という反作用が出てきますからね〜

 私の場合、涼しい春&秋はフィッシング・ベスト(メッシュ)、夏は暑いのでウエスト・バッグ、そして冬はショルダー・バッグ。 春から秋にかけては、まぁそうかな?と思われるでしょう。

 そんじゃ何故に冬にはショルダーバッグ? そう! 着込むからです。

 多くの人は軽くてあったかいダウンジャケット着ますでしょ?釣りに。
ただでさえモコモコなのに、それにフィッシング・ベストはどうにも動きにくかった・・・ 経験上

 軽快性では、冬にウエストバッグでも良いようなものですが、バッグを後ろから前へズラす事を繰り返すと、ウーエダーの腰部分の布がコスれて、浸水してくるようになるのですねっ 

 ショルダーバッグならダウンジャケットを着ていても、前がすっきり〜 キャストもロッド操作もしやすい。

 週末アングラーで一日中釣りをするという方で、色んなルアーなりリグをたっぷり持参して・・というなら、フィッシング・ベストも有りでしょうが、朝マズメなり夕マズメの2〜3時間程度の短時間釣行ならば、ルアー&リグなんて10個程度も有れば充分で、時間的にもそうも交換時間も無いはず。

 ならば、できるだけ身軽に、余分なものは出来るだけ排除し、ルアーフィッシングに最も大事な、キャスト & ロッド操作の快適性を最優先したほうが良いと思うのですよっ

 ということで、今冬は一層寒くなりそうですから、着込みながらも快適にキャスト&ロッド操作が出来、結果ランガンもしやすい「ショルダー・バッグ」をオススメ致しますよっ

「ショルダー・バッグは肩が凝る・・」という方もいるでしょうから、その解決方法をまたの機会に提案致しますねっ。また、どんなショルダーバッグがオススメなのか? も。

でもって、本日の海状況です。 ワンコの散歩がてらに浜を歩いていると、一人の方の竿が曲がってます。
DSC_1846.jpg

DSC_1845.jpg


 近寄ってって「いいイナダですね〜」と声をかけると、「はぁ・・ イナダなんですか?」と逆に聞かれ。(笑)
 そして、獲物入れのバッカンを中を覗かせて頂くと、軽く30cmオーバーのコノシロ。それについても「これ食べられるんですか?」と聞かれ、「美味しいですよっ、寿司屋のコハダのでかい奴ですから」と。ただし、塩焼きはout! 昔っから焼いては臭うことで有名で、酢〆が相性良しですねっ

 そのあとがイイ 「来て、まだ4投しかしてないんですけど・・・」と。
 海は穏やかで、釣れても良い状態ではありますが、ベイトっけが見られるわけでもなく、それほども良い?? という状況。

 ま、釣れるに越したことはないですねっ! 明日釣行予定の皆様に釣運がありますように (´人`)

posted by hiramemj at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2017年11月30日

MJリグーNS(ノー・シンカーSET)を追加

アマゾンに「MJリグ NS(ノーシンカーset)」が、追加されました。

 すでにシンカーは色々持ってるよっ という方、シンカーは市販品を使ってる、あるいは自作しているという方の為に、「ちょっとだけセット」として、テスト的にアイテム入りさせてみました。

AM ノーシンカーtop.jpg


 初めて使ってみたいという方も、ちょっとだけ補充しておくか〜 という方も、どうぞ宜しくお願い致します。

アマゾン 検索ボックス
 
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28