2018年07月04日

Amazonアソシエイトのお知らせ

〜〜〜〜〜〜 お 知 ら せ 〜〜〜〜〜〜〜

 AMAZONのアフィリエイト(紹介還元、自己還元)につきまして、ご紹介したいと思います。簡単でお得ですので、よろしければどうぞ。

 今やブログやHP、SNSをやっている方も多いと思いますが、そこにMJリグを使用してご納得頂け、ブログ内やLINE内にMJリグの画像のリンクを貼って頂ければ、次回購入の際にそのリンクをクリックしてから購入すれば、ご自身の購入分でもMJリグの場合購入金額の4%の還元(後日決済ですが、4%安く買える。もしくはMJリグ以外のものを購入するする際にも、3%〜10%分還元されます。)が受けられます。

 また、MJリグの使った感想なども書いていた場合に「それなら買ってみようかなぁ〜」と、どなたかがそのリンク画像をクリックして購入された場合も4%の還元が発生します。

簡単ですので是非利用して、わずかですが次回から4%安く購入してみて下さい。

 登録方法をご案内します。

1)「AMAZON アソシエイトの概要」です、画像をクリックして内容をご確認ください。
am アフィリ概要.jpg

※ 上記のページはココにありますので、初めての方は表示ページを順に下まで読んで頂き「次に進む」をクリックして頂ければ、より解かり易いです。

2)まずは、右のMJリグ画像をクリックしてでも良いですが、アマゾンにアクセスします。
3)アクセスしましたら、一番下まで画面をスクロールして下げます。そうしますと下の画面部分が出てきまして、黄色枠をクリックしてください。
アフィリエイト クリック.jpg


4)画面の文面通りにクリックしてゆき、最後に「選択」ボタンを押します。
リンク作成222.jpg


5)「選択」ボタンを押すと文字が青色になりますから、その後マウスの右ボタンを押すと「コピー」と出ますでのマウスの矢印をそこに当ててクリック。これでPC内に記憶されます。
商品リンク作成300.jpg


6)ご自身のブログやHP、SNSの記事の記述したい部分にポイントを当てて、マウスの右クリックを再度押すと「貼り付け」という表示が出ますので、それをクリック。すると、4)でコピーされた青文字がまんま貼り付けられ完了!

※ その作ったMJリグリンクから、MJリグに無関係な物であっても購入しますと、自己還元が発生します。
 ブログやSNSをやっていなくとも、新規メールに6)を貼り付け、草稿に保存しておいて、アマゾンで商品を購入する際に、そこをクリックしてAmazonにアクセスしても還元が発生します。


 私もPCにはうとい方ですが、一度出来れば簡単ですのでトライしてみてくださいまし。お得です。


2018年07月02日

暑さ対策 & 新MJのレビュー

この週末はいかがでしたか ??
ネット・サーフィンしても、これといってよく釣れてる情報は見当たらず、イマイチぱっとしない ???

お隣り浜では、ワカシが良く釣れてるようですが、サイズ的に2ヶ月遅れ?というような30cm前後が多いようです。

にしても 何! このクっソ暑さ!! (笑)そして、ダラダラと吹き続ける強風、、、
この地域以南はもう、デイゲームには覚悟を持って、水分持参で釣行しないと厳しい季節。

で、この季節辺りになると必ず出てくる話が「暑さ対策」ですが、私もこの暑さを凌ぐ為に、十数年あれこれと工夫してきました。私の「暑さ対策歴」が、参考になれば幸いです。。

 この地域で2002年11月HP開設。そしてその初冬、最初の格好が「チェスト・ハイ ウエーダー」透湿・防水仕様からスタート。
03.01.17 012.jpg

( 昔は・・・  若いなぁ・・・ 爆 )


そして年開けての寒さに(ネオプレーン・ウエーダーも必要か??)
そして春を越えて、初夏。

この地域の人の夏の格好が、半ズボンにサンダル履きというか、クロックス。
私も何の疑いもなく真似した訳です。
 が、( 痛いじゃないの〜 小石が足裏に入って、、、 )

 翌年夏。ウエーダーをチェスト・ハイから、ウエスト・ハイにチェンジ。
高々、胸あたりの生地が無くなるだけですが、暑さは全然違いウエスト・ハイが断然涼しい!! 肩が凝らない! 小用も楽ぅ〜(笑)

しか〜し、それでも今の季節あたりになると暑い。。
さてさて、どうしたものか、、、 サンダル履きは懲りたし。。

そこで私のもうひとつの釣り、フライ・フィッシングからの、( 半ズボンにネオプレーン靴下 + ウエーディング・シューズは、どうだ? )と、実際に履いて、海で試したのです。

 涼しい! 快適! 小石で足裏も痛くない! ( 夏のスタイルは、コレだな! )と、その時はそう思ったのですねっ 

ですが、キャストを続けるうちに・・・
 ネオプレーン靴下と肌との間に砂が入り込み、肌がヤスリでこすられてる状態になって真っ赤。。 ( ダメじゃん、コレ。。 ) やっぱ川と海とは違う、、

 その対策として、ふくらはぎの上までを覆う、長目のネオプレ靴下に変えてその痛みから解放!
(これよ〜 コレコレ! もうこれしかない!!)
そう思ったのですね、またしてもその時は(苦笑)

ですが !!! 問題は、釣行中ではなく、釣行後に起こりました。。

靴のスソやら、紐に砂が一杯くっ付いて、それを洗い流すのに一苦労。
 そして、更に濡れたネオプレーン靴下は、脱ぎにくぅ〜〜 
翌日履こうとすると、少しでも濡れたネオプレーンは・・・ 今度は( 履けないじゃん ! )
めんどくさぁ〜〜 !

( バカだなぁ〜 スキューバー・ダイビングで、ネオプレの欠点知ってるはずなのに、、 )

 ハァ・・・ ダメダメ これも。。

 でもって行き着いたのが、半ズボンにヒップ・ウエーダー !!!
そしてそのパターンで、夏はずっと10年以上。
ちょいと波が押す時には、その上からレイン・パンツ(正確には裾が締められる「バイク用レイン・パンツ」)を履く! これで大概の波では濡れない。
IMG_2246.JPG


涼しい上に、履きやすくて、脱ぎやすい! 乾きも早い! トイレは超・楽!(笑)
仕事前釣行やら、釣行頻度が多い方にはモッテコイ。

 チェストハイ、ウエストハイの防水、透湿素材は確かにムレにくく涼しい方なのですが、夏にはその機能も間に合わない。
何故かと言うと、熱の逃げ場が少なすぎる、熱がウエーダー内にこもるから!


 その点、ヒップ・ウエーダーは、熱の逃げ場が多い = 涼しい。
 多分、皆さんが思う以上に涼しいのです。半ズボン下の肌が、海水に触れた生地に触れることもあって余計に。

なのに・・・ ヒップ・ウエーダーの取り扱いは減るばかり。。

 メーカーさん! 頼みます!!
ちゃんとした(防水&透湿の)ヒップ・ウエーダーの販売を! 是非! 是非!!!
まだ夏のサーフでのヒップ・ウエーダーの快適さ、良さが伝わっていないだけですから 〜

てなことでした。。


ps, 新タイプMJのプロトを、釣果情報でお馴染みの静岡kongoさんに、モニターしてもらってます。その1回目の感想が届きました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この土・日は、頑張ってサーフに出かけたのに、全く釣果無しです。昨日、プロトのパワーシャッドに1バイトあっただけ。じゃれついてきたのに、のりませんでした、残念。
無題.jpg


今朝は、目の前の駆け上がりでヒラメのライズ。、その辺りをずいぶん攻めましたがバイトなし。なかなか厳しいです。
土曜の夕17時頃.JPG

<土曜の夕17時頃>


プロト、確かに吹っ飛んでいきます。6号ナツメでMJ&5inと比べるとプロトの圧勝。
ハイブリッドタングステン・シンカー26g+4in位飛んでいる感じです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上記仕様で、リール100回転巻き位まで、飛ぶかと。。 要改良ですが、、、

 ワームをいじくりまわして、海で水底を引きずり回して約20年! 負けませんよ〜 事、ワームに関しては(笑)





posted by hiramemj at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2018年06月29日

6/29 ヒラメ捕食動画 & お昼過ぎの海

 窓の外は結構な風が吹いていましたが、先日の駿河釣行の際に、新タイプMJの(この状態は・・ どうしたら直るんだろ・・・)という点ふらふらがあり、それが直るであろう試作を作っていましたので、雨さえ降っていなければ〜 と、お昼前に海に出かけてみました。

 そりゃ、釣れるにこしたことは無いのですが、海は小ウサギが跳ねている状態で、南西からの強目の横風。。
DSC_2635.jpg

 
 釣り人は、駄々広い浜に一人のみ。
DSC_2636.jpg


 まずはキャストしてみますが、飛距離はねっ まぁ〜釣れそうなところまでライナーで飛んでくれますよっ ですが、ラインは大きく湾曲します。

 で、本目的が釣ること以上に、とにかくゴロタ石で敷き詰められた水底状態で、新タイプMJをあえてコスりながら、ズル引きしながら、引きずり回すこと。問題解決の為に。。

 浜は、波でやりにくいので河口の水底を利用。
DSC_2640.jpg


 鉛シンカーの他に、久々のタングステン・シンカーでの、PS-5インチ、4インチ、スプーンテールの キャスト & スイミング のテストも。
DSC_2631.jpg


 ひたすら一時間ほど、あえて手にゴツゴツと振動を拾いならが、水底をコスる! コスる! コスる!(笑)
そして、改良案が正解であったことを確認して、帰ることに。

 海は小ウサギから、大人うさぎに変わっていまして、水質は悪くなく、波はあっても押しては来ないのですよっ

 小ウサギ程度ならば、飛距離は充分飛びますから継続ですが、砂を巻き上げるような風になりますと、流石にロッドを横に持っていられない。。。

 ということで帰宅。即アップすればよかったのですが、最近海から帰ると、やたら眠たくなる・・・  で、今に。

 で、ユーチューブ動画で、今年の一月のヒラメの捕食動画が、新しくアップされていましたので共有させて頂き、皆さんの参考にしてみて下さいまし。


 ヒラメの居場所は、砂地サーフだけじゃないから奥が深いし、これからの激混みサーフ逃れの狙い目だと思うのですよっ
 とするならば、こんな動画のような水底はだったり根回り攻めには、根掛かり回避仕様は必須なんですよね〜

 以前(2002年)から言っていますように「獲物を見つけたら〜 背中をコブラのように曲げてからの〜 ダッシュ!!」 でしょ?

 で、擬態するのは誰もが知っていると思いますが、多分もっと時間を掛けてだと思っているはず。。
 私も新発見ですよっ こんなに瞬時に、アオリイカのように擬態するんだなぁ〜〜 と。
皆さんも (ふ〜〜〜ン そうなんだ・・・)と、思ったでしょ? わーい(嬉しい顔)


posted by hiramemj at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2018年06月27日

6/25の追記

 昨日に追記しようと思いましたが、せっかくの釣果報告のお茶を濁してはなぁ〜 ということで。

で、一昨日は、静岡・沼津の青物メッカ、片浜海岸への朝マズメが一発目。

まぁ〜〜〜ビックリしましたよっ 激混み!! 行けども行けども入る隙間無く、500m程歩いて移動して、かろうじて釣り座確保、すでにヘロヘロ。。 右を見ても左を見ても、ズラ〜〜っと釣り人。
11.jpg


聞く所によると、今年のこの場所も激渋で、数日前からようやく釣れ始めたとか。。 それにしても〜 休み明けの平日月曜日。
(どうせ、仕事前の朝マズメのショートでしょ )と、空くのを待ちますが、出勤タイムとなっても釣り人は一向に減らず。。 (笑)

 釣り始めから一時間半程で、見える3〜40人の釣り人で、ペンペンが3〜4匹上がるのを目視した程度。

 しかし、ここの浜の水底状況の特異性は、私の釣行経験値の中ではベスト5に入るほどで、多分初めて来た人は相当驚くでしょう。

パッと見が、ちょいゴロタ混じりのサーフですが、50m以上のキャストをすると〜 5、10、15、20秒・・・ (ハァ? いつ着底するの ??) という、ビックリなドン深。。
 MJは、相当沈下が早いのですが、それでもそんな状況。。

 岸際から10m程は1m程と浅いのですが、そこから一気にズトンと深くなる。しかも掛上がりはゴロタ石。日本海・富山湾の魚津に片貝川という河口の左岸がそっくりで、岸際はサーフ、その奥は超ドン深。。マハタが釣れましたが。

 底物を狙うには手返しが悪すぎて、イライラも。。 (笑)

ま、私の目的は青物を釣るというよりは、追加の新タイプMJが( ここの海では? 青物にはどうかなっ? )というテストが主目的でしたから、それを解っていての釣行でしたからOk!

 根掛りの無い砂地のサーフで1000キャストするより、厄介な水底で5場所で10キャストづつしたほうが、新タイプMJの長所も短所も解るというもの。
 そのお陰で、早々に(ハァ・・ ここ直さないと・・・ )という改良点も見つかり、貧果であっても私的な収穫は大きかったですねっ

 青物 = メタルジグ は、超定番では有りますが、どこかで書いてますが「魚が咥えるまでは、素材が硬いか柔らかいかは、魚側には解らないはず。。。 美味そうなら食いつくのみ!」と思ってますから、私としてはワームで上モノが釣れてもなんら違和感、特別感は無いのです。
13.jpg


 その後、睡魔が襲いまして、浜でゴロンと爆睡。。 目が覚めて再キャストしてのペンペンのヒット。
 マズメ時も過ぎて、( ぼちぼち西風が吹き始めるかも?? )ということで、その前にと移動したのが、これまたなかなかの厄介な水底状態を持つ「富士川河口」。左右、遥か彼方まで釣り人ゼロ〜

( でかいなぁ・・・ 波、、 )100m先から頭上以上の波が押してくる状態で、サーファーさんが通り過ぎてゆきます。
 何年かぶりのこの場所でしたし、釣り的には厄介な場所ですが、MJのテスト場所としては魅力的な場所。(笑)

こここそ見た目は砂地サーフ。
12.jpg

 なのに! 際から20m程が大きいゴロタ石が敷き詰められていての難解根掛かりポイントで、その向こうが砂地という、これまた特異な釣り場。片浜との大きな違いは水深で、フルキャスト2〜3カウントで着底。

 なもので、ちゃんと水底を探ってる感はありますから、モチベーションは維持できます。そうこうしているうちにブルっと、ゴロタと砂地の境目辺で当たり。
 寄せてきて波間に透けて、ヒラメさんであることは分かりましたが、なんせ波足が長く不規則。。 波に揉まれてバイバイ。 リグのロスト1有り。

 その後更に西風の影響を受けにくい場所へと移動しましたが、キャスト10分ほどでまたしても睡魔 ⇒ Uターン爆睡。そして帰路へ。

 まぁ、こんな釣行でしたが、多分初めての方がこの新タイプMJでのワームの泳ぎ方を見たら (こりゃ〜 いいんじゃないの?? )と思ってくれるはず、と再確認できた釣行でした。。 ハイ(笑)


posted by hiramemj at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2018年06月26日

6/26 デイゲームのヒラメさん (ポメ吉さんから)

こんにちわ〜、
今日は暑かったですね〜。
いつものDSでのデーゲーム!で、サイズアップしましたので報告します。
釣り時間  8時35分〜9時05分の約、30分間、クーラーボックス持って行かないので、お持ち帰りの為、短時間で終了しました。
IMG_0792ひらめ9.JPG


手前から数メートルでのヒットで、ワームを飲み込んでました。
良い引きを、楽しめましたね〜。 (^^。        
青物調査で、少しジグも投げましたが反応がありませんでした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ほぉ〜〜 やりぃ〜〜〜! 
デイのショート釣行、効率がイイですね〜 私と違って、、 (苦笑)
天気が安定しなく、明日もまた雨 ?? 行ける時に行ってくださいまし
順番にサイズアップ〜 次は40後半ですねっ 
おめでとうございました!!  by カシワギ

posted by hiramemj at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年06月25日

遠征 ペンペン、、

 同行アングラーの、第一希望の静岡青物メッカへ。 
只今(6:50pm)帰ってきまして、この暑さも加えて、もうヘロヘロ 今にも爆睡状態、

 新タイプMJのプロト初物は、ペンペン(シイラっ子) 
はなっから上物狙いで表層を引いていましたから、当たり前と言えば、当たり前ですが
 (−_−)

 
1111.jpg


その後の別場所で、30半ば位のヒラメさん、波に揉まれてのバラシ、、、
DSC_2614.jpg


また追記しますねっ とりあえず、ひと休憩させて頂きます、、


posted by hiramemj at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年06月22日

6/22 海状況(11:32am)

 取り急ぎ、今日(6/22)の海状況をアップしておきますねっ わんこ連れで釣りは無し。
DSC_2596.jpg


 波は押してもヒザ程度で、ささ濁り程度。 街中はやや風が強かったのですが、海は微風。 こんな状況もあるものですから、行ってみないと解らないものです。
DSC_2593.jpg


 お隣浜では、朝マズメで青物(ワカシ、鯖)の35cm前後のものが爆っているようで、ようやく夏モードに突入でしょうか ??
 天気予報はイマイチですが、晴れれば風が吹きますから、曇り程度が暑くなくて丁度良いかも ??

 行かれる方に、釣運がありますように (´人`)

posted by hiramemj at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年06月19日

6/19 続・新タイプSMJの試投

 台風が温帯低気圧に変わり、( 少なくとも昨日よりは良いかも? 天気もイイし・・)と、朝9時頃に海に到着。 ありゃりゃ〜〜
DSC_2588.jpg


 台風の余波が残ってます。。 かと言ってただで帰るわけにはいかないので、河口近辺のたまりで、昨日やり残した新タイプSMJの試投。
2225.jpg


 ( 昨日の写真を、逆さまにしてるだけじゃないの ?? )
 そうなのですが(笑)、スナップをちょいと繋ぎ変え、逆さまにしても(針先下向きにしても)、しっかり飛んで、使えるようにというのは、私の勝手な絶対条件!!わーい(嬉しい顔)
 海藻が立ち上がるゴロタ&磯などの水底用に。
根掛かり回避原理100.jpg


 そして先日から イイんじゃないですか? と推奨のチェリー仕様も試作 & 試投
mj ヘッド&チェリー (2018-06-19T08_00_23.127).jpg


 などなどを、河口内で投げては巻いて一時間ほど。泳ぎ、動き、沈み方、色の見え方等々を確認。。
 で、( イイんじゃないのかなっ こんな感じで。。 心配したアレも大丈夫だったし。。)と、納得して退散。

 海は、明日は・・・ まだゴミが浮遊している状態でしょうか、、 週末には充分間に合うと思いますが。

ps、 ユーザー様からのご要望と、( 〜 灘、等の遠浅サーフでは、この重さ & 飛距離 がメインになる・・・ ?? )と、ナツメ7号(26g)の10個入り、本日アマゾン在庫アイテムに入れてみました。


 最近は10フィート以上のロッドで、この位の重さを背負えるロッドを使用する人も多く、宜しければご検討下さいませ 画像クリックでアマゾンに飛びます。

 価格が¥100アップしましたが、ここの所の運賃値上げと、パッケージが小さいのに260gというやたら重たい重量ゆえ、送料 及び アマゾン販売手数料で、価格の半分近くがすっ飛んでいくことをご理解下さいませ。  m(_ _)m


posted by hiramemj at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2018年06月18日

新タイプのSMJの試投

 一昨日に試作の第一号が届きましたが都合で海に行けず、今日の朝に一時間ほど試投してきました〜 もっとやりたかったですが、雨とウネリ、濁りで、、、
DSC_2579.jpg


 でもってキャストしてみて、私が( こうしたいんだよな〜 )という思いの90%成功かなっ ??

 ユーザーさんから「他人のアイデアをパクったものが多いんじゃないですか? 最近は〜〜」ということも聞きますので(笑)、チラリとだけ一部ご紹介。
1234.jpg

1113.jpg

<上がパワーシャッド5インチ、下がミノー M 4インチ>


どうですか? 解りにくいかも知れないですが、パッと見( ン? イイかも? 出たら使ってみようか・・)と感じて頂けるのでしょうか ?? 目の無いワーム目を付けた?わーい(嬉しい顔)

 ですが、私のこのジョイントへの本目的は目を付ける事で無く、進化させた機能性。
 もう少しこうしたほうが・・・ という思いが有りますので再改良は決定してまして、画像より変わってくると思います。雰囲気はこんな感じということで。
 予定よりかなり遅れ、 7月?? 8月? 遅くとも9月中までには完成したい、、、予定。

で、見た目はさておいて、私がこだわった事を一つだけお伝えしておきます。
 サーフで最も使用されているワームサイズは5インチだと思いますが、パワーシャッド5インチ(他社の5インチでも良いですが(笑))、同重量なら抜群の安定した飛距離 & 更なるトラブルレス、明らかな飛距離差をお約束しておきます。

 どれほどか? パワーシャッド5インチ、無風状態で6号シンカー(22g)で、着底地点からリール90回転以上の巻数の飛距離! 控えめにです(笑)
試投では100回転巻き以上。

 釣り人目線からの飛距離は、波の状態によって見え方に大差が出ていい加減ですから、今お使いのリグが着底地点からリール何巻き巻いて回収できたかを、チェックしておいて下さい

 日本一、ワームを飛ばせるリグと言っておきますから 

 あと、、、 今のSMJは指で曲げてワームを固定しますでしょ?
 それを無くした構造。 ですから幅の有るワームにもスッキリOk!
1112.jpg

< バルト 4インチ >

お楽しみに!
 というか、そう思って頂けるのかなぁ・・・ 不安、、 (苦笑)
今のSMJがこれに代わるのではなく、現SMJは残します。

※ 只今8時過ぎ。 えっ? 関西地方で地震 ?? 被災が無いことを祈ってます。。。 


2018年06月15日

チェリー・リグ仕様の追記

 昨日の話の続き「MJリグのチェリー・リグ仕様」についてですが、根掛かり回避にはオモリの長さが有った方が良いことは、これまでに幾度と書いています。

ですが、その長さということに関しては、2つの形状が考えられますよねっ? 下写真のようにシンカー自体が細長いもの。
18-0615-2.jpg


 と、チェリーリグのシンカーのように、オモリから先の冠(アイ)部分までが長いもの。
 どちらも岩と岩の間の穴に落ちにくく根掛りが減り、且つ、穴をまたぎますから水底を滑るように移動してきて、手に伝わる不必要な振動も減ってきます。
18-0615-3.jpg


 が、飛距離には? 横風には? 着底感度は? では、どっちに分が有るかというと〜 なんとな〜く解りますでしょ? そう後者。
 飛行していく先端部分に重さが集中したほうが、飛行姿勢が安定して横面積が少ないですから横風にも強くなる。

 実はこのことは、メタルジグ VS MJリグにも当てはまることで、一般的な既成概念では「全部金属のほうが、飛ぶ!」と思うでしょ?

 ですが、同じ長さなら全部が金属性よりも、先端部分に重さが集中すれば〜〜 同等レベルの飛距離と横風に強くなる訳です。ですからワーム(リグ後部)が軽ければ軽いほど飛距離アップとなるのですねっ 
しかも先端部分に重さが集中することで、沈下速度が早く、着底感度もアップするのです。

 それじゃ〜 チェリーリグのようなシンカーが完璧か? というと、完璧かそうでないかの問題ではなく、どう使いたいか? の使い勝手。
 引いて浮かしたいというなら、逆に前者。MJリグのナツメ型スタイルがそうゆう意図。
DSC_1249.jpg


 シンカーとワーム部分に距離を置いて、水底からちょい上をワームのフワフワしたサスペンド感を・・ あるいは、掛上がりを確実にちょい浮かして泳がせたいというならチェリー仕様。
 針先が水底から浮きますから針先の根がかりに強く、針先の痛み防止にもメリット有り!

 で、昨日の記述の中で「ハタゲーには・・・」と、書いているのですが、これまでチェリー・リグに目を止めて来なかった第一の理由は、( シンカーが根掛かりしたら、全部ロストになる ?? ) ということ。

 ですが今販売のシンカーの冠(アイ)強度は、オモリだけ根掛かりしたらオモリだけロストとなる強度のものを使用していますから( 今の線強度なら、チェリー・リグ仕様も使えるでしょ・・ )と、ふと思ったのです

 でもって西伊豆で、SMJにチェリー・リグ仕様で試したところ、釣れはしなかったものの2回の根掛かりで、2回ともシンカーのみのロストで、他は生還!という結果に( お゛〜〜 これはゴロタ底のハタ狙いには良いかも・・・ )と、思ったのですねっ

 直リグとチェリーリグとの差は、根掛かり回避率以上に「水底でのワームの浮遊感」の差が大きいと思いますし、例えばこの辺りのサーフでシンカーが水底をこすりながらズル引きしても、針は水底から浮いてますから後部がトリプル・フックであっても根掛りにはかなり有効だと思いますねっ 
E383AAE3839DE383BCE38388EFBC91-thumbnail2.jpg


 しかもSMJではテコの原理が働きますから、ロッド操作せず、ただ巻きでもシンカーが小石にぶつかる度に、ワームがピクピクと動かされる。
 ルアー自体や、ヒラメ、マゴチは始めたばかりで、良く解らない、、、 という方には、より向いてると思いますよっ

 リグとしては、ダウンショット・リグの捨て糸部分を、単に金属線にしただけの様にも思えなくないですが、シンカーをサクッと取り替えるだけでOk!な、チェリー・リグ仕様は、セッティングが簡単なのがよさげですねっ

  あと構造はダウンショット・リグと同じですから、ウネリ時の着底感、底取り感覚は、ジグヘッドを含むワーム・リグの中ではピカイチですねっ 砂地サーフであってもです。

DSC_2552.jpg


DSC_2541.jpg

 SMJ用のチェリー仕様のシンカー、簡単ですから自作して試してみて下さいねっ

 ま、そんなことで、この仕様も実釣しながら、更に検証して行こうと思います。
 明日は、どうかなぁ・・・ 晴れても都合で行けない私。。。 (−_−) 

posted by hiramemj at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2018年06月14日

6/14 チェリー・リグ仕様で、泣ヒラメさん (私)

 朝の釣具店さんの海情報では「波足が収まるのが遅い・・・」との事で
(まっ、いいやっ 海が悪くても、河口でアレを試しに行こう・・・)と、9時すぎの遅い出撃。
 海はこんな感じで、たまに長いのが押してきて、左手方向からの弱風、際から30m程泡立つ濁り有り。
DSC_2550.jpg


 で、アレというのは、随分前(2013年頃)に、エコギアのプロスタッフ 荻野さんが提唱していた「チェリー・リグ」をSMJに応用したもの。
 荻野さんとは、横浜フィッシング・ショーの後の打ち上げでご一緒したことが有りますが、非常に明るい、誰とでもすぐに馴染んでしまうような、人柄抜群な方です。

 で、チェリー・リグとは、その名の通り「幹付きさくらんぼ」のような形状のシンカーを直リグに取り付けたもの。

 これまで私がこれといって取り上げてこなかったのは(ダウンショットの捨て糸部分を、ステンレス線にしたもの?? )という先入観があったからです。

 が、実は思うところが有り、先日の西伊豆のハタゲーで試作を作って試したのです。
で、試した結果(これはこれで使えるぞ〜 直リグよりメリットあるかも・・ ハタゲーには)と、思った次第です、なもので実際の動きを河口でより良く見てみようと、試作を作って出かけてみたのです。

 (ま、とりあえずサーフでの飛距離、飛行姿勢、着底感はどうだ ?) と、なんとキャスト3投目に
 ぷるぷるっ! (ん゛? 根掛かり? )(おおっ? 濁ってるし、イシモチ??)
DSC_2544.jpg


 あらまっ 釣れちゃった〜 SMJのチェリー・リグ仕様 (笑) 泣き尺では無く、泣きヒラメサイズで(R)露出オーバーで、写りが白くてすみません。
DSC_2549.jpg

<リグは、ミノー M 115番カラー 4インチに、夏目タングステン21g>

 これから用事で出かけますので、このチェリー・リグ仕様に何故、どこに着目したか ? については、また追記しますねっ

 追記はコチラをクリック
posted by hiramemj at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年06月11日

6月のマゴチ

 台風で、数日はおとなしくしていなきゃいけないのですが、ここのところ長い間、時化る事が無かったので、この後の「かき回され後の海」が楽しみでもあります。

 さて、6月というと過去に印象に残る釣果と言えば、どこかのページにもあると思いますが、日本海側の富山県、新潟県界隈から寄せられた、多い日でマズメの短時間だけで確か5〜6尾で、月に2〜30匹のマゴチ釣果報告を頂いたことが有ります、お一人でですよっ
1015 008.jpg

 マゴチも産卵を控えて、メスを中心に群れやすい季節で「これからの時期は、一匹釣れたら、もう少し釣れた近辺を丁寧に探ってみてください。複数釣果になることも・・・」ということを、言ってきました。
2015-11-12 13.50.11.jpg

 改めて、マゴチの産卵行動動画 (海洋生物環境研究所より) ← クリック
を見て、これからのマゴチの探り方の参考にしてみてくださいませ〜〜

 メスを追っかけ、群れてますでしょ??

ps, 6/12 朝現在、台風はサクッと彼方へ行ってしまいました。「台風の滞在時間と収束時間は、ほぼ比例する」事を、良く書いていますが、それからすると〜 明日には波は穏やかになる。。。 はず。


posted by hiramemj at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2018年06月09日

6/9 土 朝の海の様子

 今日やっておかねば、明日からは天気が良くても明らかに大ウネリとなってくるのは間違いないということで、出かけてみました、7:30am。 風が吹き出す前にと。。

釣り人の少ない所と来てみたものの、まぁ〜〜 人、人、人 投げ釣の方で一杯!
ルアーアングラーはゼロ。もう帰ったのかなっ?
DSC_2507.jpg


 入る隙間は・・・ 一ヶ所だけ入れそう。。 
水質良好、波も大きくはないですが、波足は引き際から10m程押してきます。
台風前の嫌な感じのうねり方で、着底が取りにくい。。
サーファーさんも浮いてます。
DSC_2502.jpg

 ウネリや波足よりも、厄介なのが浮遊ゴミ・・ 藻屑がキャスト毎にラインに絡んできます、、
 ココっ! ん゛? 魚? 

最近売れてる? ジグヘッド、釣〜れた(笑)
DSC_2509.jpg

せっかくなので、MJと投げ比べ〜 パワーシャッド(5インチ)も付けられていることだし。。
MJには、昨日推奨したミノーMに6号シンカー。
持った感じは、ほぼ同重量。持ち帰って、家で計ってみるとやっぱ同重量の27g(ワーム込み)

で、結果は〜〜〜 天地とは言わないまでも(笑)、誰が見ても歴然とした飛距離差。
不公平なので、尻尾付きの同じパワー・シャッド5インチの頭付きMJでも投げ比較。
やっぱ楽勝〜 どっちとは言わないですよっ(笑)

ワームにおいては、重ければ飛ぶ!と言う、単純な理屈だけでは通らない検証ですねっ

 飛べばイイッてもんじゃないですが、押し波分 + 際から掛上がり分まで + そしてその向こう2〜30m先まで飛んで欲しいですよねっ ?

 そうこうしているうちに、またしても ん゛?? 
DSC_2511.jpg

またかい!! 今度は投げ釣りロスト仕掛け。。 もう入り込む隙間なく、海の中掃除をしての退散、、、

これからの時期、砂地サーフはキス釣り人で一杯のことも多いでしょう。
 しかしキス釣り人が多いからといってダメダメでは無く、むしろその場所はルアー・アングラーに攻められていない、まさしく竿が抜けた「竿抜けポイント」。

 風さえ無ければ、大概は朝から釣っているキス釣り人は、11時頃に退散し出し、私もその頃をあえて見計らって出撃することが多いです。ただ・・・ 強風で無ければですが。。

 風が止むならキス釣り人で一杯だった、ルアーで攻められていないその場所への夕マズメ釣行も穴場になると思うのですよっ

ま、そんなことで、ベイトっけの無い今の海を、この台風で一回かき混ぜてもらったほうが良いのかなぁ〜と、思っています。


posted by hiramemj at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年06月08日

マゴチ釣果報告 ??

 アマゾンでの在庫チェック中 ( ン゛? シングルMにレビューが、、、 )と、開いてみると、昨日(6/7)のレビュー投稿。
レビュー1.jpg


hassyuさん、おめでとうございます! そして、有難うございます m(_ _)m
より飛距離を、ポイントが深くより早い沈下速度を求めるならば、ミノー M 4インチに、 シングル S !! 
ミノー M + シングルs.png

イイ釣りが続きますように (´人`)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 台風が近づいてます、、、 ふらふら
 現時点(12:50pm)の家の前は、かなり強風が吹いてます、、、 
行くなら風の無い可能性が高い、明日の朝マズメまで ??


posted by hiramemj at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年06月05日

6/5 小さいですが、赤ハタがヒット(私) + 追記 

 本日、お昼過ぎからのかなりの遅出撃で、西伊豆へハタゲーに。

 今さっき(8:15pm)帰宅したばかりで、取り急ぎのアップです。 極小ですが、今年初の赤ハタ。
 暖かくなりハタゲーの始まり合図?? 横風強風が吹きっぱなしで苦戦、、、  
 体力ヘロヘロ、睡魔が襲っていまして、また追記しますねっ
DSC_2493.jpg


DSC_2494.jpg


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 追 記 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 そんなことで、昨晩は帰宅、アップ後には爆睡、、、

 今日が雨予報だということを分かっての昨日の釣行でしたが、昨年もそうでしたが行く度に、天気は良いものの横強風ばぁ〜っか、、ふらふら

 この場所は岸から40mが、3〜40cmのゴロタ石で敷き詰められた水深約1m以内の浅さで、岩と岩との間には穴ポコが一杯、、、 上の写真の陸上部分が、そのまま水底となっていると、思ってください。

 なもので、底ベタでピョコピョコとボトム・パンプで誘おうものなら一発で穴にリグごと入り込み、更に波で押されて、岩の奥の奥に押し込められる・・・
 MJリグだろうが直リグだろうが、その他のリグであろうが、高確率で脱出不可能状態に。

 しかも岩には小さな貝殻等がへばりついてますから、外そうとちょんちょんとロッド操作をしているだけでリーダーやらPEラインが簡単に擦れて切れてしまう = 高根掛かりロスト な、超厄介な場所です。

 で、その際から40mを飛び越えさせたところからがブレイク(掛け上がり斜面)となっていまして、その斜面から、一気にドン深となっているのです。
 で、そのブレイクでの魚影が濃く、サイズも大き目・・・

 これは単なる私の勝手な空想・想像やら、ネットからのアングラーさん釣行情報では無く、私の探って手に伝わる水底感触と、この場所で潜って、実際に海の中を見ているダイーバーさんから直接聞いた確かな情報とを、照合してですよっ (笑)

 なもので、まずは遠投!! 
 強風であっても、そこまで(40m以上)届かないことには、スタートにならないのですねっ、この場所では。

 アカハタ、オウモン・ハタ、キジハタ(アコウ)などは、底物ではあるけれど、カサゴなどの根魚とはちょいと違いまして、イメージとしてはシモリ根をウロウロと回遊している、あるいは岩の穴からちょい出たところで上を見ながら獲物を待っているというような感じ??

 従いまして、ベタ底で探ることでも釣れなくはないけれど、その探り方による高頻度な根掛かりに何度も仕掛けを作り直して苦戦し、無駄時間を費やすより、やる気のある奴を先に獲っていく「ちょい上を探る手法」の方が圧倒的に効率的で、サイズも大きくなる傾向です。

 図解すると下図の感じです。シンカーが岩を叩いたら、即ロッド・ティップをちょんと持ち上げながら引いてくる。
 そのコツっ!と、シンカーが岩を叩く際には、ナツメ型シンカーなど長目のシンカーの方が根掛かり回避に有効なのです。

ゴロタ攻略 1.jpg


 これからが東北・北海道での夏は、ヒラメ・シーズン・イン。
 この時期はまだまだヒラマゴシーズンでは有るのですが、7月〜8月のこの地域や静岡、東海方面は水温上昇でマゴチOkでも、ヒラメ確率はガクッと落ちます。

 そんな初夏から秋にかけてハタ系がメイン・シーズンを迎え、ヒラメはゼロではないがちょいオフ・シーズン。なんとか年間通した釣りメソッドを提案したく、これからもせっせと西伊豆へ通うのであります〜〜

 釣りですから釣れるのがベストではあるのですが、神々しくでっかい & 超綺麗な富士山を真正面に眺めながらの + デイゲーム。 

 これがイイんですね〜 気持ちイイ〜〜 !!! ストレスも、ぶっ飛びます〜 わーい(嬉しい顔)


posted by hiramemj at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年06月04日

6/4 トライアルセットにつきまして

 ここ数日間「トライアルセット」(¥2980 プライム会員送料込み)が在庫切れしておりまして、1昨日アマゾンに在庫有りとなりました。

 意識的にオマケとしたわけではないのですが、慌てていて、ついうっかりと・・・ 
セット内容に無いナツメ7号(26g)が、足されて入ってしまっております〜 ふらふら

  たかだかシンカー1個なのですが、重さ的にはメタルジグ1個とほぼ同じなものですから、プライムでお求め頂いて ( アレっ ?? )と、思われた方は・・・ ラッキー ! わーい(嬉しい顔)




 

2018年05月31日

5/31 今日も遊んでくれました。 < ポメ吉さんから >

 取り急ぎのアップです〜
しかしコツコツと、よう釣りますね〜〜 (笑) 手(チョキ)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日も小さい奴が遊んでくれました。ジョイントもシンカーも手持ち減少の為、ナス重りにバス用の D Sでやって見ました。針はシングルの段差にしてみました。
18-0531-1.jpeg


確信を得る為に、2匹目を狙ったけど、反応無し。
11時頃、雨の為、退散しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


posted by hiramemj at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年05月30日

雨とウネリが・・

 今日の予定はここで書きました新タイプのテストに行く予定日にしていましたが、完成ならず、、、 一週間ほどズレ込みそう・・・

 明日は雨という予報もあり、 ( せっかく時間取ってあるし、行ってみるか・・・) と11:00am過ぎに海へ。

 いかにも梅雨時期の空模様で、曇天の風無し。波無しも・・ と行きたいところでしたが、サーファさんが10人程楽しそうに。。 (苦笑)
DSC_2479.jpg


DSC_2481.jpg


 水質はわずかな濁り程度で、表面上はOK。しっかし相変わらず小魚一匹が見当たらない。。
今にも雨が落ちてきそうで、10m間隔くらいで約150m区間を探ったところで雨、 退散!

 浜際の地面は締まっていて、悪くない状況なのですがね〜 草フグすら反応無しのノーバイト。。ふらふら

 アテにはならないですが、週末は快晴との天気予報で、それが救い。。




 
posted by hiramemj at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年05月29日

3匹リリースしました。(^^) < ポメ吉さんから >

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こんばんわ〜 ポメ吉です。
今日も小さいですが、ソゲが遊んでくれました。大磯にて
8時30分〜11時までの、デーゲームです。
ひらめ6.jpg

なんかー、段々と小さくなってるような(^^)。
そろそろ、マゴチでも釣れないかなぁと思いながら、出かけました。
開始、3投目のヒットでしたので、また期待しちゃいました!
その後、30分位経った9時過ぎに2匹目が釣れました。
ワームを丸飲み状態でしたね〜。
11時頃になると、潮が上げ始め、南風が強くなったので終了しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 どうもポメ吉さん、こんばんわ〜
 メジャーポイントですから、朝マズメを攻められた後の、後攻め釣果でしょうから、釣れれば〜 大したもんですよっ
 私のヒラメDSでのアタリの出方経験ではゴン!じゃなくて、「 コ、コン! 」と来る場合が多かったのですが、柔らかいワーム素材ならではのアタリ方で、第一アタックで(これは食える!)でコ。深く食い直しをしてコン。
それがコ、コンのアタリだと思います。

 結果、小さ目サイズであっても、4インチワームがまるっきり見えないほど丸呑み状態。丸呑みするからバレにくい。そうゆう順番だと思うのですねっ ヒラメ、マゴチに限らず。
 食わせる誘い、呑ませるフック・セティングですと、これがよ〜く解るんですよねっ 

 梅雨入りとなり天気はイマイチですが、逆に風が吹かなく、波も低い状態が多いと思います、また出かけてくださいまし〜


posted by hiramemj at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年05月26日

5/26 夕方5:29pmの海状況

 夕方の海ですが、波低め、無風、若干泡立つ薄い濁り。
DSC_2485.jpg
 

 ヒラマゴ日和というよりは、イシモチ日和 ??
 投げ釣り人6人、ルアー・アングラー5人、そんな感じです。昨日はサーファーさんが居ましたが、今日は波に乗れる大きさでは無くなりました。
DSC_2484.jpg

 6時に宅配便の時間指がありまして、画像だけ即写してUターン。 

 しっかし例年ならば、ヒラマゴももっと盛り上がる時期なのですが、本来はその前3月以降は鯖の爆釣があってもイイはずなのに、、、

 青物 = シラス & カタクチ接岸ですから、青物の釣果情報が無いという事は、カタクチも寄ってないのかなぁ、、、

 ま、海は一日で変わりますから、明日以降に期待ですねッ 行かれる方に釣運ありますように (´人`)


posted by hiramemj at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック