2020年03月07日

イシモチ、31〜41cm 3尾(kongoさんから)

今日も夕方から行ってきました。やり始めてすぐに何かが触る感じがあり、またもやいつもの彼らかなと思っていると、コン!!と、いい感じのバイト

しかしこのところ良くあるいつもの引き、ヒラメが出てくるのを期待しつつも・・・あ゛〜やっぱりいつものニベ?(イシモチ?)君でした。昨日より少しサイズアップの41pでした。
R0017467.JPG

R0017477.JPG


気を良くしていると、また何かが触り、合わせを入れずに、着底後チョンチョンと動かすと、コン!!とバイトが出て、2尾目・・・やはりニベちゃん31p(笑)。
R0017481.JPG


で、もう一尾くらい来るかもと粘っていると、やっぱりバイトが来て35pを追加。
R0017492.JPG

R0017500.JPG

1時間ちょいの釣行で3尾、しかしヒラメは出ませんでした。うれしいやら、残念やら・・・釣果に感謝しつつ、撤収でした。

ヒットタイム17:40 17:57 18:18

〜〜〜〜〜〜〜〜
ほぉ〜〜 イシモチ40オーバー いいじゃないですかぁ〜
私がゴリ押ししたから、シングル・フックにしてみました?(苦笑) いいフッキング!この刺さり方ならバレないでしょ

イシモチなど、特に口の開きが小さ目な相手には、フックを含めた巾が狭い方が丸呑みし易く、丸呑みしてくれればフッキング率も高くなると思うんですよね〜

 シングル・フックについては(太すぎるんじゃ ?)と言うご意見が有るのも出るのも、最初っから承知の上。私自身が最初にそう思ったんですから。(笑)

 が、実際に使用して20cm前後のカサゴやキジハタ、小マゴチetc何ら刺さりに問題無しと言う釣果体験から、これで良し!!としたわけです。
 大は小を兼ねるじゃないですが、太くても細を兼ねた? ならば、もしもの大物時に太い方が丈夫でしょ?(笑)本来の目標は、そこに有るのですから。

 ま、それにしても1時間ほどで3尾なら上等ですね〜 おめでとうございます〜 拍手

posted by hiramemj at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2020年03月05日

こんな時ですが、イシモチHIT(kongoさんから)

こんな時期ですから、室内でなくアウトドア―ですよね。仕事帰りに少しだけ行ってきました。

本文夕方から雨が降り始めましたが、雨の降り始めって海は結構凪いでいることが多く、仕事帰りにちょっとだけ行ってきました。

思った通り波は穏やかでしたが、うねりが入り始めていて時々大きいのが混じってきます。
1時間くらいなら・・・と、投げていくと・・・何の当たりも無し。
でも、時々何かが触るような気もして、泳がせ方に変化を持たせながら投げていくと、コン!!とバイトが出ました。

濁りもあったので、スローに4回巻いて、着底後一呼吸間をおいてから巻き始める・・・で、当たってきました。引き具合から、40p位のヒラメだと思い丁寧に巻いてきましたが、出てきたのはいつもの魚、ニベ?
DSC02595.JPG

(イシモチ?)君34pでした。釣れてくれたことには感謝ですが、ヒラメが良かったな〜。
素早く写真を撮ってRでした。
DSC02597.JPG

ヒットタイム18:10 MJ+ナツメ6号+デスアダー6inch

DSC02593.JPG

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
賛成です! 「ウイルスは、風通しと紫外線を当てることで死滅!洗濯物も陽に当てて干しましょう!」と、報道でも有ったように、2つが当てはまる場所、そう! 海! 海で遊びましょう!! ご家族連れで

 また釣りには、お隣さんとの間隔を10m程度は離れて釣りしましょう! という無言のお約束が有りますから、感染予防しながらも趣味を楽しむには最適!!
 最近少ないスーパーでの生鮮食品・・・ 食材自己確保にも(笑)

・・・・・


コロナ・ウイルスに関しては、私も色々と調べてはおります。
最新情報では感染者の中でお二人のご老人が喘息用の吸引機(吸引剤)で数日で治ったとの事。

 子供でも副作用の無い薬で、価格も¥2500前後と安価。多分、医療機関で受診してからでしか手に入れられないないかと思いますが、少なくともコロナにそうも怖がらなくてもいいかもしれません。 
今日は、このニュースがかなり話題になるんじゃないかと思います。

 感染拡大だけでなく、この経済にもやばい雰囲気が、これで一気に安心感に繋がることを心から祈ります。

by 柏木
posted by hiramemj at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2020年02月21日

昼過ぎ海状況とバラシを減らす(その2)

 横風(南西からの)が強い為、ワンコ散歩がてらの海撮影に。
DSC_3393.jpg

 水質は、ささ濁り状態で、ウネリもそれほど大きいという訳ではありませんが、たま〜にヨタ波が押してきます。早朝は大丈夫だと思いますが、この時間では季節の変わり目特有の「昼間の強風」で、出来なくも無いが、ラインが大きく湾曲し、リグなりルアーが、引かれて浮き上がるだろうな〜 位の強い風でした。

 良い3連休になるといいですね〜 コロナも騒がれていますし、人混み行くよりは釣りに行った方が良さげですよ (笑)

 さて、前記事の(その2)です。
 前記事では針数よりも、針の懐まで貫通させる事がバラシを減らす! と、いう事について書きましたが、それは人間側のフックの考え方による仕様ということですが、一方ヒラメやマゴチ、魚側から考えれば、フッキングについて、もう一つ頭に入れておかなければいけない事があります。

 それは釣りをしている時が高活性か? 低活性か? ということ。
 高活性ならば、比較的色とか動きがどうのに関係無く、がっつりと、しかも一気に一飲みで口の中に納まってしまう位の勢いで食ってきますから、フック仕様が多少どうあれ、口に中に全部が入ってしまえば〜 そうは簡単にバレにくくなります。

 が、どうにもイマイチ活性が無い、お腹が一杯か? 警戒心が強いのか?というような状態は、どの魚においてもあると思います。
 例えば、こんな動画状態 ↓ 「ヒラメの目は上に向いているから、上を通す!」」いやいや〜 そうじゃない時も多いんですよっ ちゃんと正面も見えますし、ルアーの後ろから攻撃してくる事も珍しい事では無いのです。



 なもので高活性の時には良いんですが、食いが浅い、後ろからチョンと突っつくような、(当たりが有るのに掛からない・・・)試し食いのような食い方を、いかに釣果に繋げるか? が、大事だと思うのですねっ
 何故なら、一日の内で高活性時間帯よりも、そうでない低活性時間帯の方が圧倒的に長い訳ですから。。

 なもので、その疑似餌の後ろから食い付かれる場合には、針先からワームの背中までの巾が狭い方が、丸呑みしてくれやすい訳で、のど奥まで食ってくれればバレも減らせますよねっ??

 なものでMJリグでは、その低活性時の小さな口を開けながらのヒットも、出来る限りくわえ易くフッキングに持ち込みたい。。
 ということで、針先を出来るだけ後部にセット出来る様にしてあるのです。これはもうリグ形態は変えも、その考え方は、20年前から、ず〜〜っとリグに継承しているのですら

 画像のシングル仕様は、あえてパワーシャッド5インチに、フック・キーパーを用いた例です。

 青い平行線の巾が狭い方が、後ろから丸呑みしやすいはず。
180.jpg


トリプル、Wフックを否定するのではないのですが、掛かりが良いという事は、根掛り率も当然高くなります。
 
 今一度、ちゃんと刺さり込めば、複数フックよりバレにくい、シングル・フック仕様も見直してみてくださいまし〜

 〜〜 5インチ以上のワームへのコイル・フック・キーパーの使い方 〜〜

コイル TOP.jpg


 市販のオフセット・フックでは、こんな柔軟性は不可能でしょ?(笑) 
 ワーム本来の泳ぎを生かせ、魚の引きに対して針先が付いて行くことで、バラシも減少。
DSC_3423.jpg

posted by hiramemj at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2020年02月13日

バラシを減らす(その1)

まずは今日の海! 午後からまるで4月のような気温になり、寒いと痛い私の足首も無痛。
良し! 行ってみるか!!と。 

 街中では風無く、ただ沖に居座っていた低気圧が気になるところ。。
 海に着くと〜〜〜 やっぱそう来たか・・ 沖500mほど先までキツ〜イ泥状濁りと、強風に加え、頭上を越える波。。 キャストもあきらめ、写真だけ写して退散。。ふらふら

DSC_3379.jpg


ま、そんなことで前記事で言っていました「バラシについて」

かれこれ物心付いた時には釣りをしていまして、小学校へ行く前から年に2回ある「マス釣り大会」が楽しみで楽しみで。

 それ以来、そのイクラやミミズを使った餌釣りから、テンカラ、大学生となって渓流でのルアーフィッシング。

そしてフライフィッシング、更にそのオフシーズンの釣りとして海釣りを始め、そこで釣れたヒラメにどっぷりとハマり今に至っている訳です。

 その間にちょい釣りではありますが、エギング、鮎釣り、グレなどもやってきまして、振り返ると特に渓流ルアーを始めた時には( こんなもので釣れるのか?? )という物で釣れた時には、けっこうな衝撃を受けたものです。

 で、釣り方としては、鮎を覗き、餌で釣るものと、疑似餌を使って釣るものとに分けられますが、印象としてはルアー・フィッシングのバラシの多さが記憶に強いんですねっ

 当初からルアー・フィッシングから入る方は、( 所詮、疑似餌なんだからバラシが多くて当然 )だと、思っているかもしれません。

で、「 硬い素材だから、咥えたと同時に針掛かりさせなければ・・・ 」 ということでの前後、あるいは3か所、しかもトリプルフックで、と言うのも理にかなっていると思います。

 が・・・ それじゃ〜 ワームは??

 確かにルアーの分野ですが、味有り、匂い有り〜の、食感(弾力)まで有る訳です。ならば生餌と同様の扱い方、フックの選択で良いと思いませんか?

 というのも私もWフックやトリプル・フックも試用してきて、針数が多いからといってバラシが減った印象は無く、むしろバラシが多いと思っているのです。

 解り易い例えで言えば、マグロ!
 正月のセリでは何億円もの高値が付きますよね?

そんな超・高価な獲物は、漁師さんも掛かれば絶対に逃したくないはず。。
トリプルフックがバラしにくいと言うならば、針にはトリプル・フックを使用してもいいはずでは?? 

違いますよね? シングルフック。

 掛かる確率は針数が多い方が有利ではありますが、針掛かり確率とバラし確率は、似て非なる事。針数に対して、バラシ防止確率は比例しない。

 トリプル・フックを否定しているわけでは無く、バラシを減らすには、針の懐まで刺さり込ませることが、非常に大事なことだという事。
DSC02556.JPG


 シングルであれ、トリプルであれ、懐までがっちりと刺さり込んで入れさえすれば、ライン・テンションを緩めない限り、そう簡単には針外れはしない。

 針数が多いと、どうしても力が分散されます。
 トンカチで1本の釘を打つのと、一個のトンカチで同時に2本の釘を打つのでは明らかに後者に力が必要なのは明白。ましてや遠投すればするほど、ラインの湾曲、水の抵抗で、合わせの力が伝わりにくくなる。

 「 突き刺さり込む 」のではなく「針先だけの引っ掛かり状態」が多くなり、それが暴れられた時、波にもまれた時のバラシの大きな原因。

 「伸び」という事についても、針の懐まで刺さり込んでいれば、そう簡単に針が伸びることは無いのですが、針先だけがちょいと刺さっているというような場合ですと、相手が、さして大きく無くとも割と簡単に伸びてしまう。。

「針が伸びたから、大物!」 一概にはそうは言えなく、むしろ勘違いが多い。
 針が懐まで刺さり込まないと「テコの原理」が働き、軽い力で伸びてしまうのです。

「 針数が多い方が、バラシが減る 」とはならない事を理解したうえでの、針のセッティングやら選択を考えると良いのでは?と、思うのです。

 という事で、今日はこんなところで。

また「バラシを減らす その2 」も書こうと思っています。
 バラシの原因には、もう一つ大きな要因があると思ってますから。
posted by hiramemj at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2020年02月10日

夜ヒラメさん52cm?(静岡 Kongoさんから)

DSC02542.JPG


今日は満月。夕まづめの釣りは止めにして、19時丁度に出発。

とにかく素晴らしい月夜、気持ちよく投げていきましたが全く反応無し。
40分ほどしてダメだなと思い、場所替え。

釣れるならここだろうというところに入り、投げ始めて数投したら月が陰ってきました。
 見上げると、いつの間にか雲が湧いていて残念な感じになっていました。でも来たばかり、しばらく投げてから撤収しようと思い粘っていると、雲の切れ間から真ん丸のお月様がほんの一瞬出てきました。
DSC02545.JPG


「釣れるなら今しかないでしょ!!」と、心の中で思った瞬間、コン!!というバイトがあり、テンションが乗ってきました。またもやニベかしら…いやいや、重さの乗り方がヒラメだぞ…と、考えながら寄せてくると、波間から出てきたのはヒラメさん52pでした。
DSC02551.JPG

DSC02556.JPG


久々の一枚に、感激!!それも、「今でしょ!」と、思った瞬間のバイトでしたから…。もう一枚と思い、空を見上げるとさらに大きな雲が沸いていました。
明日は仕事なので、遅くならないうちに撤収しようと決め、サーフを後にしました。
DSC02562.JPG

ヒットタイム20:40 MJ+ナツメ5号+デスアダー・チャートレイザー+トレブル2本仕様

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こりゃこりゃ、ナイスサイズのヒラメさん、さぞかし感動も大きかったことでしょう。
コン!というイシモチと変わらないような当たらい方やら、後部フックへのフッキングの仕方から見て、ショートバイト。
 ただでさえ貴重な当たりをモノにするには、このショートバイトを逃さない事。逃さない為には針の懐まで貫通する事。

この件についは、今一度書こうと思っています。 まずはおめでとうございます〜 やりぃ!! 
私も超嬉しい!!! 自分が釣ってないのに、釣った気分 (笑) 54cm位に見えますけどね〜

 明日は休日。釣行予定の方に弾みが付きますように!!!

posted by hiramemj at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2020年02月08日

イシモチ40cm (kongoさんから)

そろそろ満月、昨夜は良い月が出ていたのでナイトに行ってきました。
DSC02534.JPG

いい感じの波でしたが、濁りが残っており残念ながらフラットの釣果はありませんでした。代わりに、ニベ?イシモチ?さんの釣果を送ります。
DSC02524.JPG

貸し切り状態のサーフを少しずつ移動して打っていくと、コン!!と、良い感じに響く当たりがあり、合わせを入れ引いてくると、なかなか良い感じの引き。
久々のヒラメと思い期待しましたが、出てきたのはいつものお魚さん…それでも釣果に感謝してR。
DSC02522.JPG

なかなか渋いサーフですが、頑張りたいと思います。・・・今朝も行ってきましたが、やはり渋々。気長に行きたいと思います。

DSC02532.JPG

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
40cmか、イシモチにはナイスサイズ! 
あたしは・・・ 右足2回、左足1回の過去の強捻挫の後遺症が、寒さと共にこの年になって響きます。。ふらふら
あと10日もすれば、春かなぁ〜
コツコツ行きましょう!!
posted by hiramemj at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2020年02月04日

ナイトのイシモチ (kongoさんから)

一杯飲んで、知らぬうちに寝入り、目が覚めてPCのメールに釣果報告。
取り急ぎのアップです。
いいサイズのイシモチ。この時期、竿が曲がってくれるだけで〜 充分でしょ
 冬が戻ってくるような寒さになるようですが、風邪をひかぬよう楽しんでくださいね〜
=======

今日は半月より少し太ったお月様。波が穏やかだったので、7時半頃から1時間半ほどナイトに行ってきました。ここのところフラットは、渋すぎるくらい渋く、コノシロが入るとかイベントがらみでないと、なかなか釣れない感じです。

今日は、晴天の月夜なので、何か来るかな〜と思い投げていくと、岸から40巻辺りのブレイクで頻繁に何かが触ってきます。

ヒラメっぽくはないけど、何か来るかな…と思いつつ、投げていると、コンッと当たった後にテンションが乗ってきたので、合わせを入れて…あれバレた?! 
なんていうのを何回かやった後に…上がってきたのは、またもやニベさん。
0204-2.jpg

せっかくの釣果、感謝してR。時間が来たので撤収でした。

ヒットタイム20:40 MJ+ナツメ6号+デスアダー・チャートイエロー+トレブル#4・2本仕様

0204-1.jpg



しっかし、すんばらしい! ドローン空撮。。
posted by hiramemj at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2020年02月03日

マゴチ釣果報告( ゆたさんから )

 今さっき(午後6時過ぎ)メール見たら、
「 また釣りました〜! 」と、一言のみで コレ↓
2020 0203マゴチ.jpg


よう釣りますね〜 手(チョキ)
posted by hiramemj at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2020年01月31日

37センチでしたがヒラメ(ゆたさんから)

夕方、行ってきました。
37センチでしたが、ヒラメです。先日釣った時と同じリグです。
0131.jpg

コンディション:東からの冷たい風、波っけあり
時間:16時30分ごろ
リグ:MJリグ+シングルフック+真鍮シンカー
ワーム:カタクチミノー(CPキビナゴクリアー)

真鍮シンカーでギリギリボトムタッチが分かる程度の波とうねり。
今回も底付近をゆっくり探っていた時のヒットです。

連日の暖かかったのから一転、寒くなりましたが、何とか釣ることができました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
コツコツとマメに釣りあげますね〜 わーい(嬉しい顔)
 私もどうしようか・・・と、思っていましたが、お隣浜の朝の海状況を見て(明日なら・・・)と、断念しましたが、居ましたか。。

 サイズのことは40以下でもしょうがない。今、居ること、釣れるんだという事が確認されることが大事!! 報告ありがとうござます! 土日は良いかも〜〜〜 by 柏木
posted by hiramemj at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2020年01月29日

例の新・ウエーダーのプラスティー化

あのベルトレス・ヒップウエーダーの靴底を、私の一押し改良「プラスティー・ディップ」化しました。
DSC_3327.jpg


先週の金曜日2回目のウエーダーのチェックをした訳ですが、私があえて購入したのがフェルト底。
 「プラスティー・ディップ」化するには、ラジアル底では無く、液がケバケバのブラシの中まで浸透して固まることが「 靴底の寿命と、滑り止め効果」を、ググ〜んと伸ばすのです。

「プラスティー・ディップ」化する事の最大メリットはテトラや岩、コンクリート急斜面でも抜群な滑り止め効果を発揮する事ですが、次に大きなメリットは〜 砂が付きにくい事。

 砂が付きにくくなることでテトラや岩に上る時に更に滑りにくくなります。
 ラジアル底は歩く分には良いのですが、底の目に砂が詰まると〜 そのことがかえって滑りやすさを誘発する。なんとな〜く解りますでしょ??

 でもって、プラスティー化する前の釣行後の、家に帰っての靴底に付いてきた砂の量がコレ・・・
DSC_3330.jpg


 この量が車の中やら家の中に・・・ めんどくさいでしょ?(笑) ま、海で落として帰れば良いだけなのですが、超寒い釣行終了時なんぞ、早く車のドアを閉めたいばっかでしょ?(笑)

 プラスティー化すると〜 付かないとは言いませんが、靴底を地面にこするだけでほとんどが払い落とされる。便利なんです。

 で、上記画像で200cc缶で、アマゾンで¥1780なのですが、これを塗ることでフェルト底の寿命が私の体感では2倍以上に伸びます。

 そうしますと、フェルト底が減って張り替えるとなると〜この価格よりも高価ですから、¥1780ですが、結果としてのコスパはGOOD!なのです。おすすめカラーは、クリアー!!

まずはマスキング・テープでフエルトと靴のゴムの境目をぐるりとマスキング。
DSC_3333.jpg


 底だけでなくサイドも¥100均一で購入したハケで縫って〜 30分放置、もしくはドライヤーで乾かせば10分ほどで、指にくっつかない程に硬化。それを3回繰り返して完成〜 !下画像は1回目画像。
DSC_3336.jpg


 3回添付後の缶はジャストほぼ空。
DSC_3338.jpg


このプラスティー化については何度も書いていますが、今回のベルトレス・ウエーダーには、フェルト+レフレフの文字分のゴム部分が有りますから、これまでとは使用するとちょっと様子が違ってくるかもしれませんねっ
 ま〜たレビューします。

ps: しっかし、今日の午後からは暖かいですね〜〜 久々に、土日と快晴天気予報!! 
 本年、最も気持ちの良い釣りが出来そうな予感。。
 カタクチも寄ってきてますし、楽しみですね〜〜
posted by hiramemj at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2020年01月24日

1/24 夕方の海状況

 取り急ぎ、夕方の海状況を。
一時間、横移動100m強程キャストしてきました。
着いた時点では悪くない海でしたが、時間と共に波足が長くなり〜の、ノーバイト、、、
DSC_3340.jpg


 しかしながら良い傾向も。 
 届かない位置(200m位先?)に鳥山出現! そして転々と黒いナブラも。
一月としては、非常に珍しい現象。

 風は無かったので風による波での黒斑点ではありません。しかも岸際にたった一匹でしたが、今日の物と思われる4インチほどのカタクチ・イワシが打ち上げられていました。
DSC_3343.jpg


 ここ4〜5年、正月にヒラマゴ高活性だったものが、一月後半から2月中旬にズレて釣れ始める事が多く、現状の暖かさからすると、今年もそうなのかもしれません。

 天気予報ではイマイチな日曜予報ですが、ここのところ結構はずれますから、外れる事に期待! いい週末になるといいですね〜〜

posted by hiramemj at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2020年01月17日

新ワーム カタクチ・ミノーでヒラメ釣果報告(ゆたさんから)

 地元、ゆたさんからのエコギアの新ワームで、「トライアルmini」セットでもセッティングしてある「カタクチ・ミノー」カラー キビナゴクリアーでのヒラメ釣果報告。

メールに送られてきたコメントは、画像と「 つりましたよー 」たった一言のみ (笑)
 まだ釣行中なのかなっ???
IMG_1395.jpg


とりあえず、おめでとうございました〜〜!! 手(チョキ)

=== 追 記 ===

本日のMJリグでの釣果詳細になります。
2020 0118.jpeg

コンディション:無風,凪,澄潮
ヒット時間:朝8時前
ヒット距離:約60m程
ワーム:カタクチミノー逆付け
フック:シングルフックのみ
シンカー:真鍮21g?

ボトムを這わせるようにしてロッド操作をしたところ、突然重みが。完全にタコかと勘違いしましたが、47センチのヒラメでした。結果オーライで良しとしましょう!

posted by hiramemj at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2020年01月16日

明日からフィッシング・ショー

さて、明日からフィッシングショー(改 フィッシング・フェスティバル)が、例年と同じく、横浜のみなとみらい「パシフィコ横浜」にて、明日は午後から、そして土曜日、日曜と開催されます。
555.jpg

 去年の12月中旬頃から(そろそろフィッシングー・ショーについて、告知しなければ・・・ )と、思いつつズルズルと今日になってしまいました。。

何で今日まで遅れた??
という事の本質を考えると〜 これまで私はブログ内で紹介したり、提案するものは、私自身が経験上(ま〜 喜んでもらえるはず!)と、確信(勝手な判断ではありますが・・)有った物だったり、事だったします。

 先日紹介した「ベルトレス・ウエーダー」にしてもそうなのです。
あのウエーダーに対して(引っ張るベルトが無くなったのねっ?)と、とらえれば、たったそれだけの事。

 ですが! ウエーダーは、ヒップ・ウエーダーに限らず、ウエスト・ハイ、チェスト・ハイ・ウエーダーにしろベルトが無ければ、身に着けられない代物だった訳です。半世紀、50年以上前から。
 そのベルトを無くして履けるという事は、超!画期的、革命的な事だと思うのですよっ

 なもので私が購入した第一理由は、ウエーダーが古くなったから買い替えたというよりは、そのアイデアを、その構造を高評価したから、と言っても良いでしょう。4足も履けるの有るのに購入した。
 ベルトが無くなるだけで、どんだけ簡単に、楽に、素早く履けることか。。

 話は反れましたが、私がフィッシング・フェスティバルの告知案内が遅れた根本がそこに有ると思うのです。
 新製品を見たり、知ることは出来ますが、入場料払ってめちゃくちゃ楽しいか? お得か? と、聞かれれば・・・ 自信を持ってハイ!と、答えられない・・(苦笑)

 だって〜 数か月たてば店頭で見る事も、触ることも出来る訳でしょ? そして、その新製品に関しては、明日以降、すぐにネット上で「詳細に」アップされ、情報収集できる。。
 
 一昨日、ユー・チューブ動画を見ていましたら、あの村田 基さんのアップしたばかりの動画が、横に表示されたので、思わずポチリ。

 そうしますと〜 フィッシング・ショーについても語っていまして、( まさしく、そうですよね〜 )と。.

https://youtu.be/MAR9WITna5w?t=1060

誰のためのショーなのか?
主役は誰なのか?? 

ズレてると思う訳です、私も。
主役はメーカーでは無く、アングラーさん、釣り人さんにしないと・・・と、思うのですねっ

 主催が一般社団法人日本釣用品工業会なのですが、 http://www.jaftma.or.jp/

 どうですか? 
 私もジジィですけどねっ(苦笑)もっと若い人やら、新しい考え方・時代をサッチ出来る人「本当に、釣りが大好きな人! 愛している人」を、メンバーにしないと〜〜 

 何だ! あいつは業界側のくせに!! と、お叱りを受けそう・・・ (苦笑)ですが本音です。
あえて今後の釣り業界の方向転換、発展を願って書きました。 

 一案なら「個人で参加できる、釣り具のフリーマーケット・ブース」なんか有ったら面白いんじゃないですか?? こんだけメルカリが流行ってるし、コミック・マーケットなんぞ幕張メッセで3日で約50万人動員?

要らない、使わなくなった釣り具を持ってる人も山ほど居るはず。。 売れた人も、安く買えた人もウイン・ウイン!! 

 要は、来てくれるお客さん側に、いかにメリットを与えられるか? 楽しんでもらえる企画が出来るかどうか? だと思うのですよね〜〜 どうにもその辺が、業界の為の業界側のショーのような・・・(苦笑)

2020年01月12日

1/11 イシモチ38cm?? (kongoさんから)

今朝は濁りが入っており、波も高めで今一つ…夕方も風が強めで…
朝7時頃.JPG

夕17時過ぎ.JPG

ということで、お月様が出るまで粘ってみました。
フラットは出ませんでしたが、イシモチ?が遊んでくれました。
DSC02473.JPG

満月のサーフ、貸し切り状態で気持ちよかったです。
夜19時頃.JPG
 
ヒットタイム18:40 MJ+ナツメ6号+デスアダー

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
つい数日前の天気予報では、雨だったですからね〜 
釣りが出来て、綺麗なお月さん見えて、竿が曲がって〜 いいんじゃないですか?? 
しっかし、この時期にイシモチがまだ・・・ 夏物なのに。。 by 柏木



posted by hiramemj at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2020年01月10日

1/10 昼過ぎ海状況 & 例の新タイプ・ウエーダーの件

 本当は夕マズ目に・・・ と、思っていたのですが、到着してしまったんです。。
昨年の秋に「良いんじゃないの?」とカキコしたタカミヤ製(釣り具のPoint製?)の、自立式のベルトレス・ヒップウエーダー。
DSC_3303.jpg


なもので、そのレビューを書くにも写真写りの良い日が差している間にと、2時過ぎにGO!

まずは海状況ですが、左手方向からの強風。
画像では穏やかそうに写り込んでいますが、ウサギが跳ねだしている感じ?? 
陽気的には完全な春! が、想像以上に風が強く寒い。。 そりゃそうだ、なんたって1月(笑)
何キャストかしては見ましたが、ラインが波頭をまたぎ、MJ+シンカー7号で飛距離的には充分(横風でも、ライナー飛距離)なものの、ロッド操作が難しい状態で、ウエーダーのチェックに移行。

DSC_3320.jpg

DSC_3321.jpg

で、新・ウエーダーで水に入ったり、あえて靴底に砂が付いたままでテトラ & 岩に上ってみたりの、履き心地、歩き心地、滑り度チェック。ずり落ちて来ませんよっ 

 耐久性、暑くなってきた時の蒸れ感など、ウエーダーの評価ポイントは有るにせよ、サイズやタイプ(ラジアル底? フェルト底?)で、高くても¥7000代で収まる価格帯からすれば〜〜 これまでのヒップウエーダーが100点とするなら、150点あげてもイイかなぁ〜と言う位、快適ですね〜 ベルトレス。
シルエットもシュッとしていて、カッコいい。
DSC_3314.jpg


 ヒラマゴにも良いし、キス釣りの方もこれなら波が来て逃げなくてもいいんじゃないかなぁ〜〜 また、春解禁となる渓流釣り(フェルト底)でも、良さそうですねっ
もう少し履き試しして、レビューしたいと思います。ちなみに私の足サイズは、普段履きが25cmで、フェルト底のMを選択。どちらかと言うと中はやや細目かなっ?? 
甲高、幅広の方は、ワンサイズ上をオススメします。
DSC_3308.jpg

※ このレフレフ??の、ゴム部分が、岩 & テトラ上で効果発揮しますねっ 思ったよりも (笑)

 とりあえず今日はこんなところで。
ご興味ありましたら、アマゾンならここをクリック

良い、釣り日和な連休になりますように!!

posted by hiramemj at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2020年01月05日

ヒラメとセイゴ (kongoさんから)

 取り急ぎのアップです。連日・・・ ええなぁ〜 手(チョキ)
============
今朝の海も冷え込んでおり、手袋を取ると、手が痛いくらいでした。
DSC02450.JPG


昨日と海状況も少し変わっていて、昨日と同じポイントに入ったのですが、投げてみてちょっと違うなと感じ、べつの場所へ行こうと振り向いたら、後ろから来た方が入ってしまい、残念。(実はその方、その後に1枚あげたのです。)…

ということで、入ったポイントで粘ってみることにしました。昨日より少し波が高い感じでしたが、6時を過ぎると少しずつ水平線が明るくなってきて、とても良い感じ。水面を見ながら丁寧にキャストしていくと、そんなに遠くない駆け上がりで、コン!!と、強くはないけど明確な当たり。

しっかり合わせを入れて、寄せてくると、まだ暗い波間から出てきたのはヒラメ42pでした。
比較的浅い所なので、リトリーブ主体であまり底どりせず引いてきたときのヒットでした。
DSC02412.jpg

DSC02426.JPG


気を良くして、もう1枚と思いましたが、次のヒットは、セイゴ52pで本日は撤収でした。セイゴも、リトリーブで回収直前に食ってきました。
DSC02446.JPG

DSC02438.JPG


ヒットタイム 
・ヒラメ6:15頃 MJ+ナツメ6号+デスアダー・チャートイエロー+トレブル#4・2本仕様 

・セイゴ6:45頃同じリグでワームカラーがホワイト2450が6:30 2454が7:10頃です。

実は、昨日夕方も1尾掛けたのですが、合わせ切れ…。スナップとの結束部分でした。この頃使っている結束法が悪いと感じ、バスで使っている2点掛けに変えました…。
==============
posted by hiramemj at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2020年01月04日

令和2年の1号 ヒラメ52cm(KONGOさんから)

今朝は一段と冷え込みが厳しく、カイロが無いとやってられない寒さでした。
波は2mの予報でしたが、凪いでおりとても釣りやすい状態でした。
 いつものポイントから少しずらして、入りたい場所に入ることができ、自分の中では釣れそうな感じがして1投1投丁寧にキャストしていきました。
DSC02405.JPG


 自分の前にはベイトっ気があり、水平線が少し明るくなり始めたタイミング。岸際の浅くなり始めた場所で食ってきました。 ドン!!というバイトではなく、吸い込んだようにテンションが乗ってきて竿がしなりこみました。
DSC02381.JPG

またもやニベか???と思いながら、合わせを入れ直して丁寧に引いてくると、波間から出てきたのは、久々のヒラメちゃん52pでした。渋々な中、嬉しい(むちゃくちゃ嬉しい)1枚となりました。
DSC02398.JPG

今日のサーフも、全体としては渋い状態でしたので、ここから少しずつ上向いてくれるとよいと思いながら、お日様が高くなってきたので撤収となりました。
DSC02404.JPG

ヒットタイム6:20 MJ+6号ナツメ、デスアダー6inch(ソリッドホワイト)トレブル#4・2本仕様

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ん〜〜〜〜ん゛・・・ いいなぁ〜 みんなそう思ってるはず(笑) 
おめでとうございました!! 後部フックへのショートバイト・フッキング・・ 警戒心有ったのかなっ? 低活性だったかなっ ?? by 柏木

posted by hiramemj at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2020年01月03日

1/3 静岡海状況ドローン空撮<その3>

 再びkongoさんからのドローン空撮海状況です。
う〜〜〜〜ん しかし素晴らしい!!

ここをクリックでGO!
posted by hiramemj at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2020年01月02日

1/2 駿河ドローン撮影

kongoさんから、1/2 空撮動画〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今朝、初釣行に出かけてきました。今年一番の冷え込みのような寒さ、水面からは湯気が立ち上っていました。波は落ち着きましたが、濁りはまだ残っていました。静岡サーフ全般に渋いようで、釣具屋さんでも「釣れてますよ〜」とは、言っていませんでした…。昨日は曇って見えなかった日の出も、今日はとてもきれいに見えました。


空撮動画はこちらをクリック。

 上を見ながら、横の動画に目がゆき、動画サーフィンしてると(ンん゛?? 世界中を女の子が一人で釣り歩いてるとな?? いかにもギャルっぽい子・・・面白そう・・)ついつい見てしまって。。 

トークが、な〜んかほっこりする子ですね〜
 小奇麗なイベントの為の釣りガールは要らない。
ほんとに釣りが好きな、こうゆう子がフィッシングショーの釣りガールならOK!!
 天然系で、思わずプっプっと、笑ってしまう・・  ゴルフの渋子ちゃんみたい。。 夜、テレビに出てたんだね〜 見ればよかったなぁ〜



〜〜〜〜〜〜  1/3 静岡・中部 海(朝日)状況(kongoさんから)

DSC02374.JPG



posted by hiramemj at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2020年01月01日

2020 元旦 朝の海

DSC_3390.jpg

DSC_3360.jpg

==============

DSC_3379.jpg

DSC_3380.jpg

程良い波っけ、水質わずかな濁り、無風。悪くないコンデションです。

== 静岡の正月の海・空撮動画(kongoさんから)==

=== SOLOさんから 静岡東部 == 今年こそは、末広がりになりますように!
KIMG0019.JPG


1/2 西湘・湘南の正月は、駅伝で若者に元気をもらって〜〜 スタート!!
4.jpg

2.jpg


posted by hiramemj at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!