2017年10月12日

PSキラキラ尻尾再動 & キジハタホグ動画

 PS(パワーシャッド)ー6インチの動画をアップさせて頂きましたが、以前にキジハタ・ホッグの泳ぎを「ホッグ系としては、これまでに無いアピール力!」として称賛していまして、いずれ動画をアップする事を記していましたので動画アップです。
17-0815.jpg



 ↑ 画像をクリックするとアマゾンへ。



 そして尻尾をキラキラ・シールで改良したPSの動画。以前にも推奨していたのですが再推奨。



 上記2点の私の着目点は、後ほど追記致します。

※ ブログ内の私の釣果画像、及び動画は自由に転用・引用して結構です、承諾は要りません。
 ただ・・・ちょこっとココなり、MJリグを紹介して頂ければ嬉しい・・かなっ? (笑)


======== 追 記 =======


1)ワームを使用するリグにおいて、ワームが重ければ重いほど、大きければ大きい程飛距離は落ちる、、
2)素材が柔らかくて、大きな泳ぎ&動きをするものほど飛距離ダウン。。

と、幾度となく記してきました。

ので、キジハタ・ホッグもてっきり飛ばないだろうなぁ〜 と、思っておりました。
がっ! PS程ではないにしろ、試用していたバグアンツよりは遥かに飛ぶ。。

(ほぉ〜 飛ぶじゃん! この飛距離ならイイ!!)、そして足元まで引き寄せて来て、その泳ぎを見て(ホッグ系で、引いてこんなに泳ぐ?動く? の?)と。

 そして、足元のゴロタの水底でちょんちょんとアクションしているのを見ながら、別のメリットを発見!
(なるほど・・ この爪の巾が、岩の間に入り込むのを防いでる。。 しかもこの爪のおかげで着底時には、必ず針先が上となるように着底する。これは根掛かり防止に効果的だなぁ・・ と。

 で、ここまではこのキジハタ・ホッグが、根掛かりポイントやハタ系、根魚にどうだ?
という話に聞こえて当然なのですが、私が提案したいのが(こいつをヒラメ、マゴチ、サーフにどう??)ということ。

 このワームをカニ似のワームとして普通に見れば(これは〜 ハタ、カサゴ、北ならアイナメによさげ・・・)と、思うことでしょう。

 が、しかし このワームの爪のピラピラ感・・・ 2匹のシラスに見えやしないか?? と、思うわけです。爪だから爪! と思うのは、人間側の先入観かも ?? と。(笑)

 ここ最近、一つのルアーやらバイブレーションが、全体サイズは10cmだがその中にシラスサイズにも見えるデザインが隠されているモノが結構出ていますよねっ? あるいは、一つだけれど2匹分のデザインが施されいるモノとか。

 そんなイメージで使るかも ??・・・ ということなのです。

 ただそう思うのも、その泳ぎ方に加えて飛距離がそこそこ出るからなのですねっ いくらイイ泳ぎ方をしたって、サーフで釣れそうな飛距離まで届かないことには、使う気ににもなりませんから。

ちょ〜っと長くなりましたので、キラキラ尻尾改良の再使用については、nextということで。 m(_ _)m


2017年10月11日

10/10 オオモンハタ & オニカサゴ (地元 ゆたさんから)

10/10、デイ(14:30〜15:00)にて、オオモンハタ,オニカサゴ、いずれも30cmでした。

2017101004.JPG


(オオモンハタ)
ワーム:ミノーM(北陸クリアホロ)
フック:シングルフックSサイズ
シンカー:タングステン22g
ヒット状況:キャストからの着底後、そのまま4000XGリール2回転/秒タダ巻き。中層でのヒット。


2017101006.JPG


(オニカサゴ)
ワーム:パワーシャッド4インチ(115番カラー) 逆付け仕様
フック:シングルフックMサイズ
シンカー:タングステン26g
ヒット状況:キャストからの着底後、3回巻きシャクリ→テンションフォールの繰り返し。着底直後にヒット。

 いずれもテンポ良く探っています。あまりスローにネチネチとは攻めていません(私の性格上(;'∀'))。
とはいえ、スローにも攻めてみましたが、アタらないものはアタりません。
テンポ良く、魚との遭遇率をupさせることがポイントのような気がしています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 イイですね〜〜 この辺はまだ荒れてますが、ちょい遠征すれば釣りになる。。
おめでとうございます!! いつまでがシーズンなのかも興味ありますねっ
 昔の今時期みたいに、西湘・湘南でヒラマゴがガンガン釣れてればイイのですがね〜〜

by MHM 柏木


2017年10月10日

PSー6 動画 & 本日の海

 さて、せっかくの連休が荒れてしまって非常に残念、、 明けてようやく水質良好。
 ただ波足はまだ長目で、岸際はグニュっと足首が沈み込む地面で、今晩ひと晩あれば明日はよさげ?な状態です。子ボラがあちこちでプカプカ浮いてます。

PA100095.JPG


 さて新パワーシャッド 6インチをご紹介しましたが、
PA080063.JPG


 このデカさ、長さのワームに如何にフックを取り付けるか ??
ということで、とりあえずこんなセッティングをしてみました。

ps6 フックセット100.jpg


 そんでもって海はあんな状態なものですから、酒勾河口内でテストキャスト〜
まずはシンカー無しのノー・シンカーで。
 飛距離・・・25m程?? 案の定、飛ばねエ〜〜  でも川バスだったイイかも?

 で、24gのTGシンカーをセットしてキャスト!!(ん〜ン 重い・・・)全約45g程でしょうか、、
フルキャストして着水後、即ラインを張ってリールの回転数で65巻き程。これならかろうじてサーフで使用できるか ?? 少なくともバルトの6インチよりは、遥かに飛びます。おかっぱりからのサーフでの使用においては無風、波無しが条件となるでしょうかね〜

 そもそもジグ・ヘッドにセットした場合、針先がうんと前に来てしまう。。。 このでかさ、制作意図は一体何処にあるのだろう・・・ 

 と思うに、確かにサーフでの6インチワーム使用においては、ここ数年6インチが一部の方々には釣果が出ていて、その要望も有ったのでしょうし、ブラックバス釣りでもビックベイトも流行気味。

 加えて実は、先行の6インチ「バルト」は、茨木・大洗港からの船釣りで好釣果が出ていて、ならばパワーシャッドも・・・という事も有ったのではなかろうか?? と。
 サイズ的に、船釣りで使用する生きたカタクチいわしのサイズにピッタリって感じです。

 でもってその動きはというと


 うにゅうにゅとロールするという感じでしょうか? 「でかいものには、デカイ奴が来る!」と、まことしやかに言われていますが、さてさてどんなものでしょうか。。

 一つ言えることは45gの重さをそうも投げ続けられず、もしかして効くかも?? と、という感じでの使用が良さげ??

 PS−6インチは5入りで¥800。一匹?¥160円。SMJ¥250にトリプル・フックを2本、TGシンカーでなければ、全部で¥700代で収まるでしょうから、このハイ・クオリティーのワームでのSMJセッティング、コスパ悪くないと思うのですが〜〜(笑)

ps, オオモンハタ、オニカサゴの釣果報告が届いてまして、またアップ致します。


2017年10月08日

エコギア 新パワーシャッド 6インチ & マジック・キーパー

PA080059.JPG


 取り急ぎなのですが、エコギアさんに依頼していた新パワーシャッドと、新登場のマジック・キーパーがお昼過ぎに到着しまして、今日のところはパワーシャッドについての、その大きさな感、重さ感をご紹介致します。

 なにせ思った以上に大きく重く、、、 フックのセッティングに関しては、やっては見たものの、実際に投げてみない事には何とも言えないので、また後日実際に海で投げてみてから書きたいと思います。

 まずは見てみて下さいませ。今回はあえてこれまでパワーシャッドには無かった、繊細な模様まで表現できている「CPカラー」の「449 リアルキビナゴ」を取り上げてみます。
 この着色方法は「バルト」に施された手法です。まずはサイズ感。
キスならまぁまぁサイズ??(笑)
PA080060.JPG


そして、重さ。ん゛〜〜 ン、フックをセットすれば23〜4g? これだけで投げられる??(笑)
PA080062.JPG


 背中の鱗模様もきっちりと描かれています。
PA080069.JPG


 雑誌内やこのブログでも書いていますが、ジグヘッド系においてはワームが重くなればなるほど、飛距離は落ちてきます。
 さて、どう使うか、どの場面で、どの魚種に使えるか・・・ 
 製品としては、これまでのワームには無かった素晴らしい仕上がりだと思います。
 むしろ4インチや5インチでCPカラーが欲しいかも・・・ (苦笑)

 全10色が6インチとして新登場していますが、その他のカラーにつきましてはココをクリックした後、color chart をクリックして下さいませ。



2017年10月07日

サーファーさんも腕組み、、

 昨晩からの雨、そして今朝の他サイトでの朝海画像からあまり良い海では無さそう、、と、思いつつも、天気も回復して快晴で(こりゃ、いいんじゃ?)と、ワンコを連れで海画像撮影に行ったのですが〜
台風並みの荒れ。

1007.jpg


 あまりの波の大きさにサーファーさんも海には入れず、軽くオーバーヘッドの波高です、、
この分ですと、早くてあさってに釣りが出来れば良いところでしょうか??

 せっかくの連休なのに、なかなかうまい具合にはいかないものです。。

 さて、釣り雑誌「ソルト&ストリーム」様より寄稿依頼の連絡が有りまして、11月発売だそうです。ワームの使い勝手について書いて欲しいとのこと。

 ここ数日、何を書こうかと悶々としておりましたが、やはりワームは切ったり、くっつけたりするアレンジが簡単なこともメリットの一つですし、ここで読まれている方には、どこかで読んだような内容になると思いますが、またどうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m


posted by hiramemj at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況